人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ポタ研2019夏」で見つけた物欲をそそられる傑作オーディオ5選

2019.07.21

日本、長野発の真空管ハイブリッドアンプ『MHaudio UA-1』

MHaudioは、世界最小の本格オーディオを追求する日本のメーカーである。立方体の8cmフルレンジ『WAON』と5cmフルレンジ『KION』の2種類のスピーカーと小型アンプ『DA-1』の組み合わせを提案している。製品はメイドインジャパン、地元、長野県諏訪の中小メーカーの協力により生み出されている。

今回、始めて展示されたのが、クラウドファンディングGREEN FUNDINGでのプロジェクトで生産が決まった真空管ハイブリッドアンプ『UA-1』である。このコンセプトのアンプはCarrot Oneの『ERNESTOLO EX』を思い出す。ECC802Sを使ったプリ部とオペアンプを使ったパワーの二階建て一体型の小型アンプだった。

これに対して『UA-1』はプリ部にECC82(12AU7)を採用、パワー部には半導体アンプを使い6.5W+6.5W(8Ω)の出力がとれる。ヘッドホンアンプも搭載している。アナログ入力はRCAのピンとフロントのφ3.5mmステレオミニで対応。USB-Bでデジタル入力対応だが48kHz/16bitまでなので、ハイレゾ音源は外付けDACを使って、本機にアナログ入力した方がいいだろう。電源は12V/4Aで専用ACアダプタが付属。価格は限定20個が6万3800円(税送料込み)、その後が限定50個で6万6800円(税送料込み)となる。

材質と仕上げにこだわるmade in Japanモデルなので、コスパ追求の中華モデルとは段違いの完成度の高さが魅力。その音は低域に量感があって、高域は真空管独特の華やかな響きが楽しめる。音色はウォームで透明感のある女性ボーカルを再生したくなった。

ロシアの真空管メーカーTUNG-SOL「12AU7」を採用。下からオレンジ色のLEDでライトアップしている

両脇にあるスピーカーが『WAON』(ペア8万円)で別売専用スタンドを使用

超小型アンプ『DA-1』(3万8000円)の出力は10W+10W(8Ω)

手のひらサイズで幅57×高さ26×奥行き88mm。ACアダプタで駆動する

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。