人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ポタ研2019夏」で見つけた物欲をそそられる傑作オーディオ5選

2019.07.21

Music with 規格外から、静電型イヤホンの弐号機が登場!

「ポタ研」に参加するアマチュアグループが「Music with 規格外」である。その活動は主に自作機器の発表であり、ポタアンだけでなくヘッドホン、イヤホンまで振動板から自作するというハイレベルな創作をおこなっている。メンバーのHAL900さんが作っているのが、静電型イヤホンである。

前回の初号機はコンデンサーマイクをイヤホンに使うという大胆な手法を使って音を出したのだが、いかんせん音量がとれなかった。その原因は振動板の面積の狭さ。複数のマイクロホンユニットを組み合わせたのだが、それでも蚊の鳴くような音しか出せなかった。今回は大面積振動板とするため、振動板から自作。フィルムコンデンサーを分解して取り出した薄膜を振動板に使っている。ハウジングも3Dプリンタではなく金型を使って作る予定という本格指向なのだ。

確かに今回は前回よりも音量が出せるようになっている。バイアス電流を630Vを流すためにレンズ付きフィルムから取り出したストロボの変圧回路を組み込んだ専用ヘッドホンアンプにより駆動している。音量はそこそこ出ているので、次回は音質や周波数レンジの向上に期待したい。

かなり面積の広い振動板を使うため本体は耳かけ式になっている

3Dプリンタで作った試作機。プッシュプルで動作するので裏側にも開口部がある

銅箔で出来た電極。フィルム状の振動板をこの電極で左右から挟む

完成したドライバーユニット。銀色に見えるのが振動板

振動板はフィルムコンデンサーの金属蒸着電極を使用

バイアス電流を供給するための充電式専用アンプ

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。