人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

軽くなったボディに第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したレノボの15.6型ハイスペックノート「ThinkPad P53s」

2019.07.13

レノボ・ジャパンは、15.6型モバイルワークステーション「ThinkPad P53s」と、プレミアムモバイルワークステーション「ThinkPad P1 (Gen2)」を発売した。販売価格は「ThinkPad P53s」が254,000円 (税別)~、「ThinkPad P1 (Gen2)」が331,000円(税別)~。

「ThinkPad P53s」は、前世代モデルから12%の軽量化により、質量1.75kgを実現。省電力型、4コアの第8世代インテルCore i7 プロセッサー、プロユースのグラフィックスNVIDIA Quadro P520を搭載し、主要ソフトウェアベンダーのISV認証を取得。CADやデジタルコンテンツの制作、軽度の解析などの業務が快適に行なえる。

また、屋外でも明るく見やすい500nitの高輝度4Kディスプレイ15.6型 UHD IPS液晶(7/31出荷開始予定)も選択可能。メモリは最大48GBまで拡張でき、部品点数の多いCADデータ、高精細な映像もスムーズに動作でき、キーボードはテンキーを備え、CADにおける寸法や三次元座標データの入力などに便利だ。

さらに、薄型筐体ながらRJ-45をネイティブ実装。MACアドレスにより、しっかりと個体管理が行なえるほか、BIOSにサイバー攻撃を受けたり、破損した際に自ら修復する自己回復BIOS、物理的なカメラカバーThinkShutterなど、充実したセキュリティ機能を備えている。

加えて、LTEオプションにも対応し、場所を選ばずに高負荷作業が可能。モビリティと作業効率の向上、安全なセキュリティ機能の搭載により、モバイルワークの生産性をセキュアに向上させ働き方改革の推進をサポートする。

ディスプレイは15.6型UHD IPS液晶/15.6型FHD IPS液晶。CPUはCore i7-8665U/Core i7-8565U。メモリは最大48GB、ストレージはM.2 PCIe NVMeSSD (最大2TB)。バッテリー駆動時間は最大約17.3時間。本体寸法は約365.8×248×19.95mm、質量は約1.75kg。

「ThinkPad P1 (Gen2)」は、最新の第9世代インテルCore i7 プロセッサーに加え、グラフィックスはNVIDIA Quadro T2000の搭載が可能。またUHD IPS液晶モデルは、従来のThinkPadとは異なる新たなデザイン(カーボン柄天板)を採用している。

さらに、UHD IPS液晶モデルは、オプションとしてファクトリー・キャリブレーションの選択が可能。工場出荷時のパネルの発色データをクラウド上に保存し、このデータをダウンロードしておくことで、キャリブレーションを行う度に極めて高精度にオリジナルの発色に戻すことができる。

ディスプレイは15.6型UHD IPS液晶/15.6型FHD IPS液晶。CPUはCore i7-9850H/Core i7-9750H。メモリは最大64GB、ストレージはM.2 PCIe NVMe SSD (最大4TB)。バッテリー駆動時間は最大約16.6時間。本体寸法は約361.8×245.7×18.4mm、質量は約1.7kg。

関連情報
https://www.lenovo.com/jp/ja/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。