人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.13

副業に興味があるエンジニアが副業を始められない理由TOP3

副業元年と言われた2018年から1年が経過した。現在、働き方改革の一環として、多くの企業がパラレルワークを認めている。

手に職があるエンジニアは副業を始めやすいイメージを持たれがちだが、エンジニアの副業は非エンジニア職よりも進んでいないことが、パーソルテクノロジースタッフの「副業に関する調査」によって判明した。

働くエンジニアに聞いた「副業に関する調査」

「副業をしている」のは、エンジニアが非エンジニア職に比べて、4ポイント低い

副業への意向・ステータスについて、エンジニア・非エンジニア職ともに大きな差異はなかったものの、副業を既にしている割合についてはエンジニアが4ポイント低い結果となった。

エンジニアは、非エンジニア職と比べて副業にやりがいを求めていない

副業をしている、準備中、興味があると回答した方を対象にした、副業をしようと思った(興味を持った)理由を聞いた。エンジニア・非エンジニアの差が出たのは、「本業と違う世界の楽しさややりがいを感じたいから」と「時間的に余裕があるから」の2項目。非エンジニア職が本業以外でのやりがいを副業に求める(28%)のに対し、エンジニアは20%となった。本業で十分なやりがいを得られている、ということがあるかもしれない。また、非エンジニアが「時間的に余裕があるから(21%)」では、エンジニアは15ポイント差の6%となった。副業に充てる時間がないエンジニアが多い。

エンジニアは、技術力を生かした副業に興味が高い

非エンジニア職は、「ネットオークションやフリマアプリ(32.8%)」、「ハンドメイド作品(19.0%)」、「代行業(19.0%)」など、本業と異なるジャンルが上位に挙がったが、エンジニアにおいては、エンジニアとしての専門性や技術力を活用した「ウェブコンテンツやアプリの制作・改善・開発(21.7%)」「プロジェクトマネージメント(12.5%)」などが上位に挙げられた。

副業に興味があるエンジニアが、副業を始められていない理由

副業を始めていない理由について、非エンジニア職のトップは「会社で副業が認められていない(30%)」「副業の始め方が分からない(30%)」となったのに対し、エンジニアは「副業をする時間が取れない(38%)」となった。「知識や勉強が必要だから(26%)」についても非エンジニア職と比較して7ポイント高い結果となった。副業先から雇用されるのではなく個人で受けるケースが多いことから、課題となる点をしっかり確認・準備してから始めたい、というエンジニアらしい仕事の進め方がくみ取れる。

調査概要
調査期間:2019年3月
対象:関東・東海・関西エリアに在住している20~50代男女の社員・派遣・業務委託・フリーランス
IT・機電領域エンジニア922名、非エンジニア100名
調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

関連情報/https://persol-tech-s.co.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。