人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついに日本上陸!アップルのスマートスピーカー「HomePod」何ができる?

2019.07.15

アップルは7月9日、スマートスピーカー「HomePod」を今夏に日本で発売すると発表した。

HomePodの他地域での発売から1年以上遅れて、日本に投入される形だ。

このHomePodは、私達の暮らしをどう変えてくれるのだろうか。

AIアシスタントを搭載したスピーカー

スマートスピーカーとは、通常のスピーカーにAIアシスタントを搭載し、話しかけることでさまざまな操作ができる製品だ。同様の製品は米グーグルやアマゾン、それに国内メーカーからも独自製品が発売されている。

そして、HomePodに搭載されているのはアップル独自のAIアシスタント「Siri」だ。すでにiPhoneやiPad、それにMacにも搭載されているSiriがユーザーの声を検知し、音楽を再生したり、天気予報やニュースを聞いたり、さらにはランプなどのスマート家電の操作ができる。

また、オーディオ再生機能にこだわっているのもHomePodの特徴だ。円筒形の本体には7つのツィーターとウーファーが搭載され、迫力の低音再生が可能。さらに、6つのマイクによるマイクロホンアレイの搭載により、人の声を正確に聞き取れるだけでなく、部屋の形にあわせて再生特性をカスタムしてくれる。

ライバルのひしめく市場へ

それでは、他社スマートスピーカーと比べて、HomePodが優れて優れている点はどこだろうか?

現在、スマートスピーカーは1万円未満から1万円台半ばで買える、小型かつ廉価な製品が主流となっている。一方で高音質さをアピールした高級モデルもリリースされているのだが、こちらは残念ながら主流となっていない。国内では3万2800円で発売されるHomePodが、スマートスピーカー市場で受け入れられるかどうかは未知数だ。

また、他社サービスとの連携にも課題が残る。他のスピーカーはサードパーティーが開発した機能を追加し、利用できるサービスをますます増やしているのにたいし、HomePodでは基本的にAppleが用意した機能やサービスのみが利用できる。例えば、人気のストリーミングサービス「Spotify」がHomePodでは視聴できないのは、音楽好きにとっては興ざめだろう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。