人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.12

すれ違う新卒社員と管理職、成長を感じる場面に大きなズレ

ラーニングエージェンシーが実施した「新卒一年目社員の育成に関する調査」により、管理職と新卒一年目社員の間に様々なすれ違いがあることが判明した。

この調査により、管理職には仕事を任せるだけでなく、「業務を進める中で以前と比べてどのように変わったか(成長したか)をこまめに伝える」、すなわち“マイクロフィードバック”を実施して新入社員の成長を促す必要性があることが明らかになったので紹介したい。

すれ違う新卒社員と管理職

管理職は新卒一年目社員が「責任がある仕事を任されたとき」に成長を実感する

図1-1(管理職に対して)新卒一年目社員はどんなときに自分の成長を感じていると思いますか?(複数回答)

図1-2(新卒一年目社員に対して)どんなときに自分の成長を感じていますか?(複数回答)

管理職に対して、新卒社員がどんな場面で成長を感じていると思うか聞いたところ、1位が「褒められたとき」(42.0%)、2位が「責任がある仕事を任されたとき」(40.3%)となった(図1-1)。一方で、新卒社員本人にどんなときに自分の成長を感じているか質問したところ、1位が「褒められたとき」(30.3%)で、2位が「教えてもらったことが実践できたとき」(24.2%)という結果になり(図1-2)、管理職と新卒社員の間に認識のズレがあることがわかる。

管理職は新卒一年目社員に「業務の優先順位づけ」「論理的な思考展開」の強化を期待

図2-1(管理職に対して)新卒一年目社員にもっと学んでほしいことは何ですか?(複数回答)

図2-2(新卒一年目社員に対して)実際に働いてみて、どんなことにつまずきを感じますか?(複数回答)

管理職に対し、新卒社員に何を学んでほしいか聞いたところ、1位が「業務の優先順位づけ」(58.0%)、続いて2位が「論理的な思考展開」(47.3%)という結果に(図2-1)。しかし、新卒社員自身が課題だと感じているのは、1位が「口頭による正確な情報伝達」(47.6%)、2位が「業務の処理スピード」(44.4%)となり(図2-2)、ここでも管理職と新卒社員の間に認識のズレがあることが明かになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。