人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.12

みんなが100円ショップで購入しているものランキング

生活に必要なアイテムが一通り揃う「100円ショップ」だが、中には購入をためらう商品も存在する。

マイボイスコムが実施した『100円ショップの利用に関するインターネット調査』では、100円ショップで買いたくない商品がある人は5割強。「めがね、時計、アクセサリーなど」が全体の21.2%、「美容関連用品、化粧品」「食品(菓子類以外)」「衣料品、衣類小物」「菓子・デザート類」「飲み物」などが各10%台となっている。

そのほかの調査も興味深い結果となっているので、ぜひチェックしてほしい。

100円ショップの利用に関するアンケート調査

100円ショップ利用頻度

100円ショップ利用頻度は、「月に数回程度」「月に1回程度」がボリュームゾーン。月1回以上利用者は、全体の6割弱、男性5割強、女性約65%で、女性の方が頻度が高い傾向だ。男性10・20代での利用頻度が低くなっている。ローソンストア100主利用者では「週に1~2回程度」の比率が高く、他の層より利用頻度が高いことがわかる。

100円ショップでの直近1年間の購入商品(複数回答)

100円ショップでの直近1年間の購入商品は、「キッチン用品、調理器具、キッチン消耗品」が利用者の57.2%、「文具」が46.7%、「掃除用品」「収納用品、整理小物」「お風呂・洗面所・洗濯用品」が各3割。

「キッチン用品、調理器具、キッチン消耗品」は女性では7割強と、高くなっている。「園芸、ガーデニング、観葉植物」「文具」などは60・70代、「ラッピング用品、ギフト用品」「菓子・デザート類」などは女性30・40代での比率が高い。ローソン100主利用者では「食品(菓子類以外)」「菓子・デザート類」「飲み物」などの、食品・飲料の比率が高くなっている。

100円ショップでの購入場面(複数回答)

100円ショップでの購入場面は、「安く買いたい、節約のため」が利用者の46.0%、「普段の買い物」「使い捨て、すぐ壊れてもよいもの」が各3割強。「普段の買い物」は女性10~30代の各5割弱、「使い捨て、すぐ壊れてもよいもの」は女性30・40代、「雑貨・小物などちょっとしたものを買う」は女性50~70代での比率が高くなっている。

100円ショップ利用時の重視点(複数回答)

100円ショップ利用時の重視点は、「品揃えの豊富さ」が利用者の71.5%、「アクセスの良さ」「商品の品質」「値ごろ感」が各3~4割、「便利グッズ・アイデアグッズの充実度」「商品の探しやすさ」などが各2割となっている。「商品のデザインが好み」は、女性10~40代での比率が高くなっています。セリア主利用者では「商品のデザインが好み」、ローソンストア100主利用者では「ポイントやキャンペーンなどのお得なサービス」などの比率が高い。

直近1年間での最頻利用100円ショップ

直近1年間での最頻利用100円ショップは、「ダイソー」が利用者の62.1%、「セリア」「キャンドゥ」が各1~2割となっている。

同調査はマイボイスコムが、3回目となる『100円ショップの利用』に関するインターネット調査を2019年4月1日~5日に実施し、10,529件の回答を集めた。

関連情報/https://www.myvoice.co.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。