人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カラダも脳も鍛えられる一石二鳥の運動法があった!

2019.07.14

 たとえ10分でも5分でも、どんなに短時間であっても運動することは心身の健康には欠かせない生活習慣だ。ほんの短い運動で身体ばかりでなく脳機能も向上することが最新の研究で報告されている。

短時間の運動は脳の“ウォーミングアップ”になる

 心身の健康を保つために運動習慣は大切なのだが、アスリートでもない身にとって日々の生活の中で運動に割ける時間を確保するのは難題の1つだろう。

 ジムへ通うにしても、ウェアを着込んで近所をジョギングするにしても、それなりの時間を費やすことになるが、しかし何もそうした行為だけが運動というわけでもない。部屋の中で腕立て伏せや腹筋、スクワットなどを集中的に行なってみれば10分もあればけっこうな運動になる。そしてこうした短時間の運動は健康に資するばかりでなく脳機能の向上にも役立っているとすればその効果は無視できない。

 米・オレゴン健康科学大学の研究チームが2019年6月にバイオ医療系オンラインジャーナル「eLife」で発表した研究では、マウスを使った実験を通じて、運動が脳機能に及ぼす影響を探っている。

Medical Xpress」より

 研究チームは普段は運動不足のマウスのケージに一時的に回し車(ハムスターホイール)を設置して短時間の運動をさせて脳活動を測定したところ、運動中に特定の脳神経細胞が活性化していることを発見した。

 具体的には「Mtss1L」という遺伝子の過剰発現が見られ、この遺伝子が短時間の運動によって活性化されると、樹状突起スパイン(シナプスが形成される部位)の成長を促進する。その結果、学習および記憶に関連する脳の領域である海馬内のニューロン間の接続がより密接になり脳機能の向上が促されるのである。

 今回の研究が示唆しているのは、学習を行なう直前にごく短時間の強めの運動をすることが、脳にとっての“ウォーミングアップ”になる可能性である。勉強やデスクワークを始める前は短時間のちょっとした運動をしてみてもよいのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。