人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.10

フェイクニュースに「騙されたことがある」人は3割、「見破る自信がない」人は7割

日々私たちの目に飛び込んでくる様々なニュース。中には根も葉もない「フェイクニュース」もあるだろう。主にネットやSNSなどで発信・拡散されるこの虚偽の報道を認識している人はどれくらいいるのだろうか。また、信じた経験のある人、見破れる自身のある人はどの程度、存在するのだろうか。

そこで今回、フェイクニュースに関するアンケート調査が18歳から69歳のスマートフォンを所有する男女1,533人を対象に行われたので、紹介していきたい。

全年代の「フェイクニュース」という言葉の認知度は85.8%、フェイクニュースを「見たことがある」と回答したのは34.4%

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女1,533人を対象に「フェイクニュース」という言葉を知っているか尋ねる調査が行われたところ、「知っている」「聞いたことがある」と回答したのは85.8%で、「知らない」と回答したのは14.2%となった。

これを年代別に見てみると、「知っている」という回答が高かったのは60代で65.9%、最も低かったのは40代で55.9%となった。

そこで、フェイクニュースとはどういうものか具体例を交えて説明された後に、フェイクニュースを見たことがあるか尋ねる調査が行われたところ、「見たことがある」のは34.4%、「見たことがない」のは65.6%となった。年代別に見てみると、「見たことがある」という回答が最も高かったのは20代で45.1%、最も低かったのは、認知が最も高かった60代で21.7%という結果に。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。