人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.09

「KDDI 5G SUMMIT 2019」で識者が語った5G時代におけるオープンイノベーション論

日本でも今秋からプレサービスがスタートする「5G」。高速・大容量で低遅延かつ、同時多接続を実現するこの新しいネットワークをビジネスにどう活用できるのか、またそのことはビジネスにどんな変革をもたらすのか。そんな5G時代のビジネスが垣間見られる法人向けイベント「KDDI 5G SUMMIT 2019」が、6月に都内で開催された。

多くのビジネスマンが参加したキーノートには、KDDIの高橋誠社長のほか、世界に先駆けて5Gの商用サービスを開始している韓国の通信キャリア、LGユープラスのJoosik Choi副社長や、5GやIoTを活用した航空関連サービスの研究開発、実用化に向けた取り組みでKDDIとの提携を発表したJALイノベーション推進本部長の西畑智博氏が登壇。またパートナー企業などによる複数のカンファレンスも実施された。

「5G時代におけるオープンイノベーションとは」をテーマにしたトークセッションが開催された。

「5G時代におけるオープンイノベーションとは」と題されたトークセッションには、日産自動車 コネクティドカー&サービス技術開発本部 ソフトウェア&ユーザーエクスペリエンス開発部長の宮澤秀右氏、オンラインメディア「MASHING UP」プロデューサーの中村寛子氏、ロボティクス開発を手がけるTelexistence CEOの富岡 仁氏とともに、DIME編集長の安田典人も登壇。モデレーターを務めたKDDI ∞ Labo長の中馬和彦氏のもと、5G時代のビジネスの在り方や、オープンイノベーションで期待されるビジネス変革について語り合った。

「このセッションでは難しいキーワード抜きに、5Gによってこれからの10年がどうなるかという話をしたい」と切り出した中馬氏。まず最初に紹介されたのは、登壇者がそれぞれの目線で考える、「これから10年の5G時代が、どのような時代になるか」だ。

KDDI ∞ Labo長の中馬和彦氏

日産自動車の宮澤氏が考える5G時代は「『移動』の体験とビジネスのパラダイムシフトが起こる時代」。これからの10年、自動車業界には大きな変革の波が押し寄せると言われているが、それは「ステアリングがなくなるといった話ではなく、自動車という体験そのものが変わるということ。自動運転によって、自動車での移動中に様々なことができるようになる」(宮澤氏)。そのバックグラウンドにあるのが、5Gのコネクティビティだという。

「今までの自動車業界はハードウェア中心だったが、これからは(自動運転中に可能になる)様々な体験のビジネスが広がっていく。その回りにいろんなエコシステムができる可能性がある」と宮澤氏。携帯電話というハードウェアの回りに様々なサービスのエコシステムが広がっていったように、「自動車を中心に同様のことが起きる」と予測する。また「人の移動だけでなく、物の移動=物流も劇的に変わる可能性がある。地上だけでなく空の活用も本格化するのではないか」と語った。

日産自動車 コネクティドカー&サービス技術開発本部 ソフトウェア&ユーザーエクスペリエンス開発部長の宮澤秀右氏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。