人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住みたい街ランキングで上位に躍進した「大宮」が出会いスポットとしてもアツい理由

2019.07.06

※イメージ画像

映画『翔んで埼玉』の大ヒットでにわかに注目を集める埼玉県。中でも大宮は、SUUMO住みたい街ランキングの関東版で4位に躍進するなど、同県の活況ぶりを象徴する新興都市として熱視線を浴びている。

そんな、今関東圏でもっともホットと言っても過言ではないベッドタウン・大宮だが、出会いスポットとしてもアツいということをご存じだろうか?

今回、なぜ大宮が男女の出会いを求むるに最適な場所なのか、その理由をいくつか紹介していきたい。

なお、本記事はあくまで「見知らぬ男女同士で仲良くなること」を前提にしている。決して強引なナンパ行為を扇動するわけではないので、あらかじめご了承いただきたい。

■相席屋、パブリックスタンドなど出会いスポットが駅周辺に揃っている

※イメージ画像

どんなに街が発展していても、肝心な「男女の出会いを前提にした場」がなければ何も始まらない。

その点、大宮は非常に充実している。まず、「出会い・婚活応援酒場」としてお馴染みの「相席屋」がJR大宮駅西口と東口に1店舗ずつあり、「相席屋」を手掛けるセクションエイトが運営する「Public stand」も東口に1店舗ある。

また、英国風パブ「HUB」も西と東に1店舗ずつあり、特に東口店はなかなかの盛況ぶり。金曜日の夜などは会社帰りのサラリーマンが女子をナンパしている姿をよく見かけるものだ。

さらに東口には、九州や大阪で流行っているJIS(ジス)という新興の相席BARもある。こちらの盛り上がりぶりは半端じゃない。

金曜・土曜の20~21時台にいけば、数十分待ちは当たり前。なによりも、こういった出会い系施設にて慢性的に不足しがちで、たびたびキャッチがタダ券をばらまいて必死に呼び込みをかけている妙齢の女の子たちが長蛇の列をなしているから驚くほかない。

パッと見の客層としては、女子は20代、男子は20~30代が中心。筆者が訪れた時には、「今日は、3組と話しちゃったよ~えへへ」と笑う50代くらいと思しきおじさんもいたから、どうやら、キャバクラ代わりに楽しんでいる殿方もいるようだった。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。