人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大トルク765Nm、航続距離400km!メルセデス・ベンツ初の電気自動車「EQC」今秋発売

2019.07.05

メルセデス・ベンツは電気自動車 「EQC」を発表。「Mercedes-Benz Online Store(メルセデス・ベンツ オンラインストア)」で 7 月 18 日午前 11 時から先着順で EQC Edition 1886 の Web 商談予約を開始する。 納車は EQC Edition 1886 は本年 10 月以降、EQC 400 4MATIC は 2020 年春 を予定している。

EQCは、日本におけるメルセデス・ベンツ初の電気自動車。電気自動車固有の 先進的なデザインを採用した初のモデルとなり、そのエッセンスは今後続々と登場する 電気自動車にも採用される予定。

電気のみを動力としており、最高出力408PS (300kW)、最大トルク765N・mを発生。WLTCモードでの航続距離は400km、 6.0kWまでの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応して いる。

また、電気自動車でありながら、先進性の表現だけでなく、これまでのメルセデス・ ベンツの特長である安全性、操縦安定性、快適性、利便性、品質などを高いレベルで 実現した。

パワートレイン

EQCには前後アクスルにそれぞれ1つずつモーターが搭載されている。2つのモーター の総合最高出力は408PS(300kW)、最大トルクは765N・mとなる。

低中負荷領域で は、効率を高めるため、フロントのモーターのみで走行。走行状況に応じてリアの モーターを稼働し、その前後のトルクを可変的に調整することで、四輪駆動の優れたドライ ビング特性が得られる。

また、前後両方のモーターをオルタネーターとして使用することで、 回生ブレーキによる減速効果を最大限に高めている。

高電圧バッテリーはリチウムイオンを採用しており、前後アクスル間のフロア部に搭載。容量は80kWh、航続距離は400kmとなる。※欧州仕様車での試験結果

ドライブモード

電力消費率や航続距離は運転スタイルによって大きく変わるが、EQC は特性の異なるさまざまなドライブモードを備えることで、ドライバーをサポート。搭載されている ドライブモードは以下のとおり。
・コンフォート:デフォルトのモード。アクセルペダル特性は快適な運転スタイルを サポートするものだが、運転の仕方によってはダイナミックな特性に自動的に 切り替わる。
・エコ:効率重視で電力消費率を抑えるモード。
・スポーツ:最高のレスポンスによりスポーティな走行性能を実現することを重視したドライブモード。
・インディビジュアル:走行特性、サスペンション特性、ステアリング特性を個別に 設定できるカスタマイズ可能なドライブモード。バッテリーへのエネルギー回収量もステアリングホイール裏のパドルにより 4 段階の 調整が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられている。
・D+ :コースティング
・D: 軽度の回生ブレーキ
・D-: 中程度の回生ブレーキ
・D--: 強度の回生ブレーキ(ほとんどの場合、回生ブレーキだけで十分な減 速が得られる)

デザイン

電気自動車であるEQCは、メルセデス・ベンツのデザインの基本思想である「Sensual Page3 Purity(官能的純粋)」をさらに突き詰めている。

シンプルかつシームレスで、全てが一つの塊に溶け合ったようなフォルムを採用する一方、これまでにないデザインディテールや 独特なカラーアクセントによって、先進的で独特な外観を形作っている。

フロントで目を惹くのは、大型のブラックパネル。そのブラックパネルの上端には、 左右のマルチビームLEDヘッドライトを繋ぐ、デイタイムドライビングライト光ファイバーの チューブが採用され、「EQ」モデル独特の先進的なデザインを作り出している。

サイドビュー は、長く伸びたルーフラインとウインドウグラフィックがリアに向かって緩やかに下降する デザインを採用しており、視覚的にSUVとSUVクーペの中間に位置するクロスオーバー SUVであることを表現している。

リアビューでは、低い位置に設けられたルーフスポイラーが優れたエアロダイナミクスを 実現するとともに、ワイドさを強調。リアバンパーとテールゲートは ほぼ段差のないすっきりとしたデザインとなっている。

リアコンビネーションランプは左右 のリアフェンダーからテールゲートまで繋がった、上下にスリムなデザインとなり、内部に チューブ状のテールランプを配し、近未来感とワイドさを表現。

インテリアも上質でありながら、先進的なEQモデル独特のデザインに仕上げた。ダッシュ ボードは中央部から運転席側までが大きく切り取られたようなデザインとなっている。

その中に、一枚のガラスカバーで融合された2つの10.25インチディスプレイを、空中に 浮かぶように配置。また、切り取られた部分の表面には高級オーディオアンプ のヒートシンクを想起させるリブ付きエッジと、それを取り囲むようにアンビエントライトが 配される。

エアコンディショナーのエアアウトレットはキーをかたどったローズゴールド のEQ専用デザインが採用。また、シートやインストゥルメントパネルのステッチ にもローズゴールドを用い、クールな印象のインテリアにアクセントを与える。

EQC のパッシブセーフティ

EQC の安全基準は内燃機関を搭載する車両と同じく、法的要件よりさらに厳格なメルセデス・ ベンツの社内基準に沿っている。また、バッテリーなどの通電部品すべてについても、 きわめて厳格な安全基準を適用。

例えば、フロントセクションの駆動コンポー ネントは EQC 専用の新たなサブフレームによって取り囲まれており、通常の内燃機関搭 載車と同等レベルの衝突安全性能を実現している。

また、バッテリーは衝突安全構造 を一体化した堅牢なフレームで囲まれており、このフレームとバッテリーの間に変形部材 を配置することで、外部からの激しい衝撃があった場合にも、一定の衝撃を吸収する ことで、安全性を保つ。また高電圧システムは事故の程度に応じて、適切に高電圧 を遮断し感電の恐れがないように設計されている。

テレマティクスサービス「Mercedes me connect」を標準設定

自動車が通信することによりユーザーの利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス Mercedes me connectは、EQCには「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、Send2Carなどを3年間無償で提供する「快適サービス」、 の2つのサービスが標準で設定。

「安心安全サービス」
・24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー 展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡。
・24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に、meボタンを 押下するとツーリングサポートセンターにつながる。

「快適サービス」
・リモートドアロック&アンロック:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、 アンロックができる。
・リモート(車両)ステータス確認:車両の走行距離、平均電費等の状態をアプリ 等で確認できる。
・駐車位置検索:駐車した車両の位置をアプリの地図上に表示。
・Send2Car: スマートフォンから、ナビゲ―ションの目的地を遠隔設定できる。
・ナビゲーションサービス: 天気や充電ステーション情報を地図上に表示することや、 USB オンデマンド地図更新を利用できる。
・リモートセットアップ:プリエントリークライメートコントロールの遠隔設定や、充電 状況がアプリ等で確認可能。

なお、Mercedes me connectサービスのライセンスの延長や、メルセデス・ベンツ 24時間 コンシェルジュサービスといった追加サービスは今年8月頃オープンを予定。オンラインプラットフォーム 「Mercedes me store」にて購入可能となる予定だ。

EQC専用のテレマティクス

QCにはテレマティクスやMercedes me connectにも次のEQ専用のプログラムが用意。
・EQ オンラインナビゲーション
・充電ステーション情報
・出発時刻・プリエントリークライメートコントロールの設定
・エナジーフローや電費情報の表示
・最大充電電流の設定

また、自然対話式音声認識機能を備えた、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」 では、従来の会話の他、「充電ステーションを探して」、「8 時までに車のクライメートコント ロールを設定して」など、電気自動車固有の機能にも対応している。

さらに「EQ オンラインナビゲーション」は、ナビゲーションのマップデータから得た勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況及び気温情報などを総合的に判断し、 どこで充電すべきかも含めた適切なルートを案内。また、充電ステーションの情報 をナビゲーション上に表示することができる。

発表記念特別仕様車 「EQC Edition1886」

EQCの発表を記念した特別仕様車EQC Edition 1886を日本限定55台で販売。 EQC Edition 1886の名は、ダイムラー社の創始者であるカール・ベンツとゴットリープ・ ダイムラーがそれぞれ別々にガソリン自動車を完成させた1886年に由来し、ダイムラー社 にとって、電気自動車による新しい時代の幕開けを記念することを意図して名付けられた。

EQC Edition 1886は、EQC 400 4MATICをベースに特別なインテリアおよびエクステリアの 差別化が図られている。エクステリアには、専用のブラックルーバーのラジエターグリル、 専用のサイドエンブレムや白のアクセントが特別な専用の20インチ10スポークアルミホイール が採用され、クリーンでシンプルなイメージを強調。

インテリアには、シートの外周部 がインディゴブルーのレザーARTICO(人工皮革)、内側のバックレスト部分に黒い起毛素材 のDINAMICAのシートを採用し、そのバックレストや専用のフロアマットには“1886”の刺繍 が施される。またセンターコンソール中央部に位置するカップホルダーのフラップには “1886”を示すバッジが装着されるとともに、シルバー基調の専用のマトリックスインテリア トリムが近未来的な印象を与える。

充電サービス「Mercedes me Charge」

納車時に車載される専用の充電カードを使用し、全国に約21,000基ある提携充電 ネットワークでEQCに充電することができる。納車後にサービス登録を行ってから1年間 は月会費及び充電にかかる費用が無料となる。

生産体制

EQCに採用されているリチウムイオンバッテリーはドイツ国内のザクセン州カメンツにある ダイムラー社の100%子会社「ドイチェ・アキュモーティブ社」によって生産。リア アクスルとフロントの駆動モジュールの生産は、パワートレイン生産を行うハンブルク工場 が担う。車両組み立ては、ブレーメン工場でGLCなどと同じラインで生産されており、 フレキシブルな生産体制が確立している。

関連情報:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars.html

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。