人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.04

さすがに今回は完走は難しい!?単3形乾電池で動くパナソニックのロボット「エボルタNEOくん」がトライアスロンに挑戦

パナソニックは、乾電池「エボルタNEO」の長もち性能の実証実験として、単3形乾電池を動力としたロボット「エボルタNEOくん」による「トライアスロン」に挑む。

2020年7月に開幕する東京2020オリンピック・パラリンピックまで約1年のタイミングに、実際にトライアスロン競技が行なわれるお台場海浜公園を舞台に実施。

オリンピックのトライアスロン競技は、スイム・1.5 km、バイク・40 km、ラン・10 kmの総距離51.5 kmで実施される。また、トライアスロンが正式競技となったシドニー2000大会以降の5大会で、男子の最速タイムはリオデジャネイロ2016大会で記録された1時間45分01秒。

エボルタNEOくんは身長約17 cm(青年男子の約1/10)のため、本チャレンジでは距離を上記オリンピック・ディスタンスの1/10に設定。オリンピックでの最速記録を上回る時間での完走を目指すという。

パナソニックは、カルガリー1988冬季オリンピック以来、「TOP(最高位)※スポンサー」として約四半世紀にわたりオリンピックをサポートし続けている。

今回の「エボルタNEO」のチャレンジで、開催まで約1年と迫ってきた東京2020大会とトライアスロン競技、そしてその舞台となるお台場エリアを盛り上げる。

「エボルタNEOくん」は、昨年の広島県・宮島を舞台にした「世界最長遠泳成功」を始め、過去6回のチャレンジでもロボット開発を担当したロボットクリエーターの高橋智隆氏が設計・製作する。

※TOP:「The Olympic Partner」の略。最高位のオリンピックスポンサーのこと。パリ2024オリンピックまでの長期パートナーシップ契約を締結済み。

「エボルタNEO トライアスロンチャレンジ」概要

・日時:2019年8月7日(水) 12:00開始予定
※雨天順延。予備日8月8日予定
・場所:お台場海浜公園 (東京都港区台場)
・概要:スイム・バイク・ラン用に開発された3種のロボット「エボルタNEOくん」が、単3形乾電池「エボルタNEO」2本だけを動力に、スイム・150 m、バイク・4 km、ラン・1 kmの総距離5.15 kmを1時間45分01秒以内で完走することに挑戦。

■ロボットについて

(デザイン・仕様は今後変更することがある。)
スイムロボット...重さ 150 g 長さ(身長)17 cm 幅(肩幅)7 cm
バイクロボット...重さ 291 g 長さ22 cm 高さ20 cm 幅12 cm
ランロボット...重さ 440 g 長さ25 cm 高さ22 cm 幅10 cm
【材質】プラスチック、チタン、カーボン
※重さには単3形乾電池2本(約48 g)は含まず。

■乾電池「エボルタNEO」について

従来の「エボルタ」を上回る長もち性能・高品質を実現した乾電池として2017年4月に発売し、累計約2.6億本を出荷。(2019年6月28日現在)
6月28日より、東京2020 オリンピック・パラリンピック 特別パック(単3形と単4形、各6本パックと10本パック)を限定発売。

関連情報:https://panasonic.jp/battery/challenge/2019.html

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。