人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.08

“センス・オブ・ワンダー”が人生に及ぼす4つの好影響

 大自然の絶景に畏怖の念を抱いたり、その道のプロの“神業”を目の当たりにしてド肝を抜かれたり、映画や音楽に感動したりする体験はこの世界の奥深さを実感させられる有意義な体験になるだろう。こうした“センス・オブ・ワンダー”な体験は、不確実性に満ちた今日の社会生活の中でメンタルヘルスに好影響を及ぼすことが最新の研究で報告されている。

不安と懸念を和らげる“センス・オブ・ワンダー”な体験

 社会生活の中では、審査や診断の結果が出るまでにある期間待たされたり、ビジネスにおいても“検討中”には待つしか術がないことがある。各種の試験や就職面接を受けた場合もたいていはすぐには結果が出ないだろう。

 こうした結果を待っている間というのは懸念やストレスに見舞われやすい状態にあるといえる。なぜなら多くの場合、結果が出るまでは次の行動に移れなかったり、気分を切り替えることができなかったりするからだ。しかし最新の研究から、こうした状況下での懸念を緩和できることが報告されている。その方法とは“センス・オブ・ワンダー”な体験をすることだ。

 米・カリフォルニア大学リバーサイド校の研究チームが2019年5月に「The Journal of Positive Psychology」で発表した研究では、実験を通じて驚嘆(awe)させられる体験が“待つ身”の不安感を大幅に緩和することを報告している。

Zodab」より

 729人が参加した実験ではそれぞれ模擬IQテストを受け、さらに他の実験参加者から当人がどのように見られているのか調査が行なわれたことが各人に伝えられた(実際にはこの調査は行なわれていない)。

 IQテストの結果と調査結果が出るまでの間、参加者はしばらく待たなければならなかったのだが、その間に3つの短い映像コンテンツのうちのどれか1つを鑑賞した。

 1つめのビデオは高画質で大自然の日没をとらえた息を呑む映像で、まさに“センス・オブ・ワンダー”が引き起こされるコンテンツ内容であった。2つめのビデオは可愛い動物がジャレ合っている模様が繰り広げられ心が和み幸せな気分になれる内容で、3つめのビデオは南京錠の製造過程を追ったドキュメンタリーで特に感情が揺さぶられることのない内容であった。

 研究チームはビデオを観た参加者の現在の心境を調査したのだが、日没のビデオを見た者は著しくポジティブな気持ちになっており、不安感が減少していることが突き止められたのだ。つまり“待つ身”の状態において“センス・オブ・ワンダー”な体験はその懸念を和らげているのである。

 テストや面接の結果がどうにも気になって仕方がないという時には、1日休んで自然を探索したり、スポーツ観戦などに興じてみてもいいのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。