人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.07.02

上半期のgoo検索ランキング、人物トップは「錦織圭」、映画トップは「アベンジャーズ」、ドラマトップは「なつぞら」

色々あった平成最後にして令和最初の上半期。その中でも、特に世間の話題をさらった人やコンテンツとは、いったい何なのだろうか?

そこで今回、「gooウェブ検索」における検索ログを基準にした「人物」「商品/サービス」「ゲーム」「映画」「ドラマ」それぞれのカテゴリにおける「2019年上半期検索ランキング」を紹介していきたい。

「人物」カテゴリ

2019年上半期に「gooウェブ検索」で最も検索された人物は「錦織圭」となった。1月のブリスベン国際大会では3年ぶりのタイトルを獲得。また、1月の全豪オープン、5月の全仏オープンにおいてもベスト8まで進出するなど好成績を残している。

「錦織圭」と一緒に検索されたキーワード(以下、関連検索キーワード)は「テニス」が最多。全米オープンや全豪オープンなどの大会期間中、検索数が大幅に伸びており、試合の状況や結果を知りたがっていたユーザーが多いのではないかと考えられる。

2位には、世界選手権で惜しくも2位となった「羽生結弦」、3位には若年層を中心に支持されているアーティスト「米津玄師」がランクインした。

「商品/サービス」カテゴリ

2019年上半期に「gooウェブ検索」で最も検索された商品/サービスは「ワークマン」となった。作業服業界の大手で、2018年9月にはカジュアルウェアの新業態「WORKMAN Plus (ワークマンプラス)」をららぽーと立川立飛にオープンしている。高機能かつ低価格のアウトドア・スポーツウエアを武器に成長している企業だ。

「ワークマン」の関連検索キーワードは「店舗」が最多。ワークマンで買い物をするために、近くにある店舗をユーザーが検索していたのではないかと考えられる。2位には、100億円キャンペーンで話題になった「PayPay」、3位には新たな施策を次々と展開しているファッション通販サイト「ZOZOTOWN」がランクインした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。