人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【2019上半期ヒット商品大研究】ボヘラプ、翔んで埼玉、アベンジャーズ、大ヒット映画が続々と登場した背景

2019.07.22

『ボヘミアン・ラプソディ』

今年は国内外の映画が豊作揃い。実は、そのヒットの方程式には変化が生まれつつある。かつてはSNSでの情報拡散が主だったが、最近はシネコンの増加による上映館の絶妙な調整によって、コアなファンから裾野が広がり、リピーターが増えているのだ。

「コアなファン層から裾野を広げるプロモーションが主流となっています。代表例は『ボヘミアン・ラプソディ』。100億円規模の興行収入は、米国以外では日本のみ。映画祭に行くと各国のジャーナリストから理由を聞かれます」(映像ジャーナリスト・長谷川朋子さん/以下同)

 その背景には、シネコンのスクリーン数の増加がある。

「どの属性が見ているかを分析し、上映館を決められるシネコンは、観客のニーズに合わせた商品やサービスを提供することができます。例えば、『ボヘミアン~』では歌いながら鑑賞できる『応援上映』や、フレディの命日に人気ロック歌手を招いた上映会を行ない話題を集めました」

『翔んで埼玉』も、公開初期に埼玉県内のシネコンで動員数が全国トップだったことが報道され、全国規模に拡大していった。

「マーケティングも欠かせない要素です。『アベンジャーズ/エンドゲーム』はマニアが好きなネタを調べ上げて盛り込み、リピート客を獲得しています」

 今年は『君の名は。』の新海誠監督の新作や『アナと雪の女王2』も上映予定。『Netflix』など映像配信のサブスクリプションが普及する一方で、劇場では視聴者の心をつかむ仕掛けが待っている。

■ シネコン・通常映画館のスクリーン数

シネコン・通常映画館のスクリーン数

※日本映画産業統計より

ファンが一家総出でリピート

『ボヘミアン・ラプソディ』『ボヘミアン・ラプソディ』

興行収入130億円

伝説的ロックバンド『クイーン』のボーカリスト、フレディ・マーキュリーが主人公の伝記映画。コアなシニア層から、孫世代にファンが拡大。また、声を出して歌いながら鑑賞できる「応援上映」などを全国規模で行ない、リピーターを増やした。

『ボヘミアン・ラプソディ』2枚組ブルーレイ&DVD『ボヘミアン・ラプソディ』2枚組ブルーレイ&DVD 4700円+税(20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン)発売中。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。