人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイナスイメージを拡大させないために!芸人の謝罪文から学ぶべきこと

2019.06.27

考えられる正しい謝罪コメントとは?

少し長文ですが、私が考える適切な謝罪コメントをまとめると、以下のようになります。

「特殊詐欺の被害者の皆様、スポンサー企業の皆様、テレビ局などのメディア関係者、そして私の活動を応援してくれた全ての皆様を裏切ってしまいましたことを深くお詫びいたします。財産を奪われた振り込め詐欺の被害者の方々のことを思うと苦しくて耐えられません。反社会勢力であったことを後で知ったのは所属事務所以外の仕事を受けたからです。報酬をもらってないと偽ってしまったのは入金の管理ができていなかったことに尽きます。今後は謹慎して、特殊詐欺の撲滅活動をしながら、仕事の在り方を深く見つめ、第三者の監視・管理してもらう所存でございます。」

ビジネスマンのみなさんも、誰に(Who/Whom)、何を(What)、どうやって(How)を意識して、謝罪訪問を準備してみてください。

謝罪の目的は信頼回復だけではない

謝罪の目的は信頼回復と、もうひとつは自分の幸せのためだと、私は考えています。幸せな生活を再び迎えられるよう、しっかり反省して再起することが重要です。今回の芸人たちが精神的に折れないように心から祈っています。自分を追い込み過ぎることなく、今回の学びをこれからに生かしてほしいです。ビジネスマンのみなさんも、謝罪訪問で自分を追い込み過ぎないでください。

最後に、批判があるのを承知で言います。私はお笑いが大好きで、謝罪訪問で落ち込んだ気分を何度も吹き飛ばしてくれた。お笑い芸人は私の中で最上位の職種なのです。きっと今回謹慎する芸人さんは戻ってくる。頭のいい人たちだから、今回の学びを今後の活動に生かすでしょう。今回のマイナスを大きく上回るプラスを引っさげて、我々の前に戻ってくると信じています。

文/越川 慎司
株式会社クロスリバー代表。株式会社キャスター執行役員。週休3日でクライアント企業16万人の働き方をスイッチ中。最新刊「謝罪の極意~585件の謝罪訪問で勝ち取った63億円の仕事術」好評発売中。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。