人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最も印象に残っているスポーツイベントの「世紀の大誤審」「疑惑の判定」ランキングTOP5

2019.06.28

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック/パラリンピック、2021年の関西ワールドマスターズゲームズと、日本を舞台に世界的スポーツイベントが立て続けに催されることから、この3年間を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と呼ぶ向きがある。

このような国際的なスポーツ大会は盛り上がる反面、時にルールや判定基準がわかりにくい場合もある。そんな「国際スポーツのルール」にちなんだアンケート調査が今回、20代~70代の男女713名を対象にして実施された。

海外でのスポーツ観戦、4割以上が「経験あり」!

まずは「海外でスポーツ観戦をした経験はあるか」と尋ねる調査が行われたところ、 「ある」と回答したのは41.9%。「これから観戦する予定がある」の2.2%と合わせると44.1%もの人が海外でのスポーツ観戦経験があることが分かった。今やスポーツ観戦は海外旅行先での楽しみの一つとなっているようだ。

61.9%の人が「不可解な判定にモヤモヤした経験あり」!

「今まで、スポーツ観戦をしていた中で採点や結果に納得がいかなかったことがあるか」と尋ねる調査が行われたところ、「ある」と回答した人は61.9%と過半数を占めた。ルールがきちんとある国際スポーツにおいても不可解な判定にモヤモヤした経験がある人は多いようだ。

ルールがわかりにくい競技、「ラグビー」を抑えて、「フィギュアスケート」が1位!

「ルールがわかりにくい競技」について尋ねる調査が行われたところ、 1位は47.3%で「フィギュアスケート」だった。技術だけでなく芸術点も付くことに加え、2018年から大幅なルール改正が行われたことでより分かりづらく感じる方が増えたようだ。

一方、2位の「ラグビー」は「そもそもルールが全く分からない」という意見が多く見受けられた。9月には日本でワールドカップが開催されるので、これから徐々にルールへの理解も深まっていきそうだ。

●「フィギュアスケート」を選んだ人の意見

・フィギュアスケートは点が取りにくいようにルールをたびたび変えるからよくない。(50代・女性)
・スポーツなのに芸術点などがあり不可解。技術が優れているというのはわかるが、芸術性をスポーツに持ち込んでいるのが不可解。(50代・男性)
・ジャッジの見方によって採点が違うように感じるからフェアではないように思えることがある。(50代・女性)

●「ラグビー」を選んだ人の意見

・なぜ反則を取られるかわからない。(40代・女性)
・馴染みがないので不明瞭。もっと素人でもわかる工夫が必要。(60代・男性)
・専門用語が多いイメージで、パッと聞いても理解出来ない。(40代・男性)

●「レスリング」を選んだ人の意見

・ポイントが入るのが一瞬なのでビデオ判定が見たい。(50代・女性)
・どのタイミングで点が入ったかなどがわかりにくい。(40代・女性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。