人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

長く大事に使いたい!ユーザーと一緒に成長させて使うインテリア雑貨4選

2019.07.03

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

当たり前のことかもしれないが、私たち人間は成長する。その一方で、無機物であるモノの場合は通常は成長しないので、特に子どもが使うモノというのはすぐに使えなくなってしまってもったいない思いをすることがある。周りに譲れる相手がいればまだしも、そうでない場合は余計に残念な気分になるものだ。しかし、世の中にはちゃんとそうしたニーズに応える製品というものがある。もちろんいつかは使えなくなってしまうものの、人間の成長に合わせて柔軟に変化することで使える年齢の幅を広げている製品たちだ。せっかく選んで使うモノならできる限り長く使いたいもの。ついでに環境にとっても財布にとっても優しい、こんな製品の購入を検討してみてはどうだろうか?

3段階の高さ調節が可能なチェア『Little Big』

『Little Big』は子どもの成長に合わせて3段階の高さ調節が可能なキッズチェアだ。対象年齢は2歳から6歳までとなっており、通常であれば1つの椅子では対応が難しい年齢の幅を高さ調節ができるようにすることでカバーしている。座面にはポリプロピレン、脚部には木材を使用しており、子どもの興味を惹くデザインでありつつ、子ども扱いされるのを嫌がる大人びた子どもの目にもお洒落に映るデザインでないかと思う。対応できる年齢に幅があるおかげで恩恵を受けるのは何も家庭だけではない。様々な年齢の子どもが来る教育施設や公共施設もこのチェアの恩恵を受けるはずだ。カラーラインナップはレッド、ブルー、ホワイトの3色。価格は税込み34,560円で「Generate Design」のHPから購入することが可能だ。

アクセサリーの追加で新生児から10歳まで使えるチェア『ステップス チェア』

ノルウェーのベビー製品ブランド「STOKKE」から発売されている『ステップス チェア』は新生児から10歳まで使えるチェア。チェア本体の高さは固定されており、足のせ板の高さを調整することで子どもの成長に合わせる仕組みになっている。この製品は同ブランドの他の製品と組み合わせることが可能になっており、別売りのバウンサーを装着すると食事の時間帯にまだ自力で起き上がれない新生児も大人と同じ目線で食卓につくことができる。もう少し成長して授乳を終えた時期からは別売りのトレイを『ステップス チェア』に装着することで、子どものこぼしたものが床に落ちる頻度を下げることに繋がる。シートの色はホワイトとブラックの2色。脚部の色はビーチ材4色もしくはオーク材2色の中から選ぶことができるのでバリエーションはかなり豊かだ。末永く使うものなので好みに合致するコンビネーションを選びたいところだ。『ステップス チェア』本体の価格は税込み27,540円。「STOKKE」のHPからはカスタマイズして購入することもできるので、一通りラインナップを確認してカスタマイズも検討してから購入を判断するのが良いだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。