人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

韓国でもクラフトビールがブームだって知ってた?

2019.06.22

クラフトビールブームからコンビニのPBクラフトビールも登場

世界的なクラフトビールブームが続いており、韓国でもそれは同様だ。各コンビニチェーンでも、HITE、CASSなどの韓国で広く飲まれている一般的なビール(価格は500mlで2,500ウォン/約250円前後)以外に、クラフトビールの取り扱いを開始している。

コンビニでのクラフトビールの売上比はまだそこまで高くはないが、クラフトビールを求める顧客が増えていることが伺える。

さらに、コンビニオリジナルのPBクラフトビールも登場。コンビニ大手・GS25では、PBクラフトビール「クァンファムン(光化門)」を発売。

同商品は発売開始1ヵ月でGS25のクラフトビール売上1位を記録した。同じくコンビニ大手・CUでも4種のPBクラフトビールを展開。

セブンイレブンも、PBブランドのプレミアムクラフトビール「ヘンボッチュンジョン(幸福充電)」を発売。

エール系のビールでアルコール度数が5.5%。多量のホップを使い、濃い味と風味が良く、柔らかい泡と特有の渋みが後に感じられると高評価を得ている。価格は3,500~4,500ウォン(約350~450円)前後。

酒税法改定により一般流通でもクラフトビール販売がOKに

コンビニがクラフトビール製造・販売に乗り出したのは、クラフトビールブームでさまざまなビールの味に触れ、味と香りの多様なビールを求める需要に応えるため。

最近は普通のビールじゃ物足りない、飲食店ではもちろん、家でも多様なビールを楽しむ人が増えている。

さらに、2018年4月から酒税法が改定され、一般の流通業者もクラフトビールの販売が可能となり、クラフトビールの流通網が拡大したこともクラフトビールの消費拡大に寄与している。

韓国クラフトビール協会によると、国内クラフトビール市場規模は2016年200億ウォン(約20億円)から、2017年350~400億(約35~40億円)に増加。

業界では10年後には2兆ウォン(約2,000億円)規模に成長すると見込んでいる。

コンビニ各社においても、GS25は2018年6月クラフトビールの売上が2017年同時期に比べ189.6%増加。

セブンイレブンも107.1%増加しており、一般生活者にクラフトビールが浸透していることが伺える。

参考記事:http://tnc-trend.jp/asiafoodtrends_korea04/

アジア各国のトレンドを紹介するサイト「TNC アジアトレンドラボ」(http://tnc-trend.jp/)からリアルな「今」のアジア情報を発信!

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。