人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

栄養満点!夏バテ予防に効くネバネバ野菜4選

2019.06.28

既にこの時期でこの暑さ……

真夏になったら、いったい、どれほどの酷暑になるのかと先が思いやられる。

さて、昨年のような最高気温40度を超える日が続いたとして、熱中症と共に気を付けたいのが夏バテだ。夏バテの主な症状には食欲不振や全身のだるさなどがあり、夏バテが原因で風邪を引いてしまう場合もある。そこで今回、夏バテ予防が期待できるオクラをはじめとした栄養満点の「ネバネバ野菜」について紹介していく。

四季のある日本ならではの夏バテ。夏が旬のネバネバ野菜をしっかり食べて、夏バテを予防しよう。

ネバネバ野菜の代表格「オクラ」

「ネバネバ野菜」の代表とも言えるオクラは、栄養も豊富で、ビタミンやカルシウムが多く含まれている。莢(さや)を切った時のネバネバは、ペクチンやムチンと呼ばれる成分で消化を助け、胃の粘膜を保護したり、糖分の吸収を抑えたりする効果がある。

また、緑や赤色の品種があり、莢さやの形状は「5角種」「丸莢種」「多角種」の3種類。ほかの食材とも相性がよく、料理の幅も広がる。

オクラは実がなりやすいため、家庭菜園で作る野菜としても人気だ。夏野菜の多くはトマトやナスのように実が下を向いて成るものだが、オクラは先の細い部分が上を向いて成り、ハイビスカスの花に似た淡い黄色の清楚な花が咲く。

オクラの成り姿

オクラの花

また、栽培中に莢の表面にイボ状のぶつぶつが出ているものを見ることがあるが、「イボ果」と呼ばれており、食べてもまったく問題ない。発生する原因はほとんどが環境によるストレスの場合が多いです。

■タキイのイチオシ品種

オクラ「ヘルシエ」

左:「ヘルシエ」、右:一般的なオクラ

従来のオクラに比べて粘りが3倍、ペクチン(水溶性)は2倍も多く含まれている。

噛めば噛むほど増してゆく、もちもちの粘りの強さを実感できるだろう。見た目も店頭で目を引くパステルグリーンの丸莢で、肉厚なのにやわらかい食感が特徴的だ。

モロヘイヤ、ツルムラサキ、おかのりもおススメ!

■モロヘイヤ

ビタミン、カルシウム、鉄分などがほかの野菜に比べて豊富で、葉を刻む時に出る独特のぬめりとクセのない味が楽しめる。
●夏野菜の代表とも言えるトマトと合わせてス-プにしたり、納豆や長芋と合わせたりしてもおいしい。

■ツルムラサキ

カルシウムが豊富で、加熱すると粘りが出て独特のぬめりがおいしい青菜。
●おひたしやお味噌汁の具在、豚肉と相性がよいのでスタミナ料理にぴったり。

■おかのり

ビタミンやカルシウムが豊富で、葉は火であぶるとのりのような食感に、ゆでると粘りが出る。
●苦みやクセがないので、天ぷらや油いため、酢の物など料理の幅が広い。のりのように食材を包んで包み揚げにするのもおいしい。

夏は動きやすい気候だが、体調も崩しやすい季節でもある。旬のネバネバ野菜をしっかり食べて、新元号に変わって初めての夏を満喫しよう。

出典元:タキイ種苗株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。