人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

代筆業のプロが指南!結果を伴うラブレターの書き方5か条

2019.06.23

結果の出るラブレターを書くコツ5つ

そこで小林さんに、実際に紙のラブレターを書くコツを教えてもらった。

1.具体的に書く

「ただ『好き』『愛してる』と結論だけ伝えても相手には伝わりません。何が好きなのか?なぜ好きになったのか?具体的に書きましょう。私は、『あの時のこういう出来事から素敵だと思った』『あの時のこういう会話から意識しはじめた』という形で、印象的な出来事や会話を例に出すようにしています」

2.「自分」を伝える

「ラブレターというのは、相手に対する気持ちを伝えるとともに、自分がどういう人間であるのかを伝える手段でもあります。『普段は仲間とワイワイと騒いでいる僕だけど、実はひとりの時間が一番好きだったりします』『普段は人見知りなところがありますが、仲良くなるとすごくおしゃべりだったりします』というように、少しでよいので、自分の人間性や人柄、趣味なども書くようにしましょう」

3.相手に「共感」を示す

「人は誰しも、自分の考え方、価値観、趣味、仕事に対して共感を覚えてもらうと嬉しく思うものです。好きという気持ちだけでなく、『あなたの仕事に対する姿勢を尊敬しています』『読書は心や生活を豊かにしてくれるので私も好きです』など、相手の仕事や趣味などに対する共感も示しましょう」

4.過去の偉人たちの言葉を引用する

「恋愛感情は誰もが一生に一度は抱く感情であり、恋愛により悦(よろこ)んだり、落ち込んだりするもので、人生において恋愛は切り離すことのできない重要な要素です。それだけに、古今東西、多くの作家や詩人、著名人が恋愛に関する名言を残しています。

上手く言葉が見つけられなければ、そういった過去の偉人たちの言葉を借りるのも一つの手です」

5.「伝わりやすさ」を意識する

「自分の気持ちを相手に伝えるためには、『伝わりやすく』書くことも大事です。字を丁寧に書く、読みやすいように行間や余白を意識する、また、誤字脱字のチェック、『てにをは』がおかしくないか、しっかりと見直しをしましょう」

「ラブレターを書く」というと、ちょっと身構えてしまうところがあるかもしれないが、意外にも効果はありそう。ぜひ「ここぞ」という場面で活用してみてはいかがだろうか?

【取材協力】
小林慎太郎さん
1979年東京都生まれ。都内IT企業にて役員を務めつつ、ラブレター代筆屋としても活動。今日までに100通以上のラブレターを代筆。
http://dsworks.jp
Twitter:@DenshinWorks

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。