人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

キューサイの青汁とベジソバのソラノイロがコラボ!夏バテ気味の人にうれしい「キューサイのマズくない青汁冷麺」

2019.06.24

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

麺、スープに約4杯分の青汁を使った目にも涼しい青汁冷麺

 麺、スープ、具材のすべての野菜を使用した看板メニュー「ベジソバ」で人気を博し、3年連続でミシュランにも掲載されたラーメン店「ソラノイロ」が、「キューサイの青汁」とコラボレーションした「キューサイのマズくない青汁冷麺」(1200円・税込)を7月19日まで、ソラノイロ麹町本店限定で1日限定20食(ランチ、ディナー各10食)を販売している。

 キューサイの青汁とイタリアンレストランでのケール鍋などのコラボはあったが、ラーメンでのコラボは初めて。今回の青汁冷麺にはキューサイが業務用に開発した「キューサイ青汁のある食卓」を麺とスープ合わせて1食分に約4杯分を使用している。

「ケールの風味を出すこととおいしさの共存を念頭に、『おいしい』と言われるものを目指した。スープには青汁と酢、砂糖を加えているが、酢と青汁の配合にはこだわった。今回は青汁=ケールの冷麺であるので、きちんと味を定めないとケールの味がぶれる。ケールの味わいを消さないような、やわらかい酸味になる京都の千鳥酢を使い、砂糖で加えて食べやすさを出した」(ソラノイロ代表 宮崎千尋さん)

 麺はキューサイの青汁を練り込み鮮やかな翡翠色に仕上げた平打ち麺。グリーンキウイ、グリーントマト、スプラウト、細かく刻んだケールに、鶏チャーシュー、煮卵をトッピング。見た目にも涼しく、オーガニックカフェで提供されるケールサラダのような美しさだ。管理栄養士の松田真紀さんによると、栄養の観点からも注目される冷麺だという。

「夏バテ防止にはスタミナ切れしないエネルギー代謝が重要で、炭水化物とビタミン類を同時に摂取することがおすすめ。青汁冷麺は、炭水化物を麺から、ビタミンとミネラルはケールを筆頭に、グリーントキウイ、グリーントマト、スプラウトからも摂取できる。さらにチャーシューと卵からはたんぱく質、脂質、ケールとグリーンキウイからは食物繊維を摂取できる。炭水化物・たんぱく質・脂質の3大栄養素に、ビタミン・ミネラル・食物繊維といった6大栄養素がすべてつまったバランスの良いメニュー」(松田さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。