人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イマドキ共働き夫婦の家事シェア事情、夫が担当している家事TOP3

2019.06.20

多くの共働き夫婦にとって、家事の分担はもはや当たり前。

そこでパナソニックは共働きの20~40代既婚男女500名を対象に「家事の時短」に関する意識・実態調査を実施した。

この調査によって、特に「洗濯」に関する家事を手間だと感じている人が多いこと、さらに家事の時短につながる家電を積極的に取り入れたいと考えている人が多いという傾向が明らかになった。

手間を減らしたい家事1位は「洗濯」

共働き男女63%が「家事は分担できている」と回答、92%が家事に時短を求めている!

はじめに、家事の分担状況について共働き男女1,522名にきくと、63%が「分担できている」と回答。多くの共働き夫婦にとって、家事の分担はもはや当たり前のようだ。

そこで、「分担できている」と回答した人500名に絞ってさらに調査を実施した。まずご自身で担当している家事についてきくと、男性では1位が「ゴミ捨て」(64%)、2位が「食事の片づけ・食器洗い」(48%)、3位が「洗濯」(35%)、女性では1位が「料理」(74%)、2位が「食事の準備(配膳)」「洗濯物を取り込む・たたむ」(同率66%)、4位が「買い物」「片付け」(同率60%)となった。

料理など主要な家事は女性が担当し、ゴミ捨てなど軽い家事は男性が担当する傾向にあることがわかる。さらに、家事の時間を短くしたいと思うかきくと、92%が「そう思う」と回答。

また、家事の時短が求められる背景を探るべく、家事の手間を減らしたいと思うかきくと、91%が「そう思う」と答えている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。