人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

担当者必読!建物が老朽化したビルの管理者に求められる知識とスキル

2019.06.28

「東急コミュニティー技術研修センターNOTIA」体験レポート

東急コミュニティーは、建物の点検、診断、工事などを行う技術員を1,600名持つ。このたび、彼らの研修を行う研修センターの建て替えを行い、2019年5月より本格稼働した。

「以前も平成元年築で同じような4階建ての研修施設があったのですが、約30年が経過し、研修の目的や時代に求められるニーズが変わってきたこともあり、建て替えに至りました。、この先、人材不足が問題となる時代に、お客様から求められているサービスの質、そこを追求するために教育に特化した施設を見直して、強化していきたいところを重点的に研修できることを主目的に行いました」

給排水設備 スケルトンで地下にある設備が見られるようになっている。

この中目黒駅より徒歩2分の場所にある研修センターの内覧会に参加してみたが、思いのほか面白い設備が揃っていた。

配管や天井など露出させることで、技術員にビルの構造を学びやすくしていることから、スケルトンエレベーターやスケルトンなトイレ下水道などがある。

スケルトンエレベーター

スケルトンエレベーターが下りていく様子

また建物そのものを研修素材として活用するため、建物の2~3階はまるで「ビルの中にビルがある」ように独立した設備が配置されている。人為的に停電や断水を発生させ、トラブルの復旧やメンテナンス、災害発生時の防災実習など、実践的な研修を行うことができるようにもしているそうだ。

内覧会では、防火施設の放水体験や火災報知シミュレーターの体験、トイレの水が下水を流れる仕組み体験などができた。

スプリンクラーを熱し、反応させると…

スプリンクラーが作動し、勢いよく水が出てきた。

座学では得られないメリットとは?

電気設備 配電盤

この研修センターでは、技術者にとって、座学では得られない学びが得られそうだが、どんなメリットがあるのか。担当者は次のように話す。

「実際に触って体験する、という経験は非常に大きいと思います。どうしても建物、特に大型のビルや商業施設で本当に事件が起きてしまうと、それを想定して、こういうことがあるだろうと仮説を立てて試してみるということがここではできますので、そういうことをどんどん段階的にやらせるというメリットがあります。また、中途の採用を増やしておりますので、そういった人間がいち早く体験できるということを目指しています」

【取材協力】
東急コミュニティー「NOTIA」
https://www.tokyu-com.co.jp/cms_wp/wp-content/uploads/2019/05/190529.pdf

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。