人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電機業界の他社牽制力ランキング、3位三菱電機、2位東芝、1位は?

2019.06.18

パテント・リザルトは、独自に分類した電気機器業界の企業を対象に、2018年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「電気機器業界 他社牽制力ランキング2018」をまとめ、発表した。

この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになった。

集計の結果、2018年に最も引用された企業は、パナソニック、次いで東芝、三菱電機となった。

1位パナソニック(※注)の最も引用された特許のうち、現在権利が継続している特許は「映像受信装置、付加情報表示方法および付加情報表示システム」(特許6194484号)で、シャープの10件、三菱電機の1件、合計11件の審査過程で拒絶理由として引用されている。

このほかには「受信装置、放送通信連携システムおよび放送通信連携方法」に関する特許(特許第6081984号)や、「電力供給システムおよび充放電用パワーコンディショナ」に関する特許(特許第5903622号)などが引用された件数の多い特許として挙げられる。

2018年に、パナソニックの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(616件)、次いで、シャープ(302件)、キヤノン(281件)となっている。

2位東芝の最も引用された特許は、「駐車場管理装置及び駐車場管理方法」に関する特許(特許第5361619号)で、ROBERT BOSCHの6件を含む合計9件の審査過程で拒絶理由として引用されている。

このほかには「生活支援装置および生活支援方法および広告情報提供方法」に関する特許(特願2000-163793)や「照明装置」に関する特許(特願2011-225074)などが引用された件数の多い特許として挙げられる。

2018年に、東芝の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業は三菱電機(306件)、次いで、パナソニック(198件)、キヤノン(189件)となっている。

3位三菱電機の最も引用された特許のうち、現在権利が継続している特許は「空気調和機」(特許第5511477号)で、全てが日立ジョンソンコントロールズ空調の特許7件の審査過程で拒絶理由として引用。

このほかには「移動体通信システム」に関する特許(特許第5404919号)などが引用された件数の多い特許として挙げられる。

2018年に、三菱電機の特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はデンソー(307件)、次いで、パナソニック(291件)、東芝(179件)となっている。

(注)「パナソニック」は「パナソニック株式会社」と「パナソニックIPマネジメント株式会社」を一つにまとめて集計。

関連情報:https://www.patentresult.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。