人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

睡眠不足の日本人の救世主となるか?オーストラリアで一番売れている「コアラ・マットレス」の実力検証

2019.06.22

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

マットレスの上で飛び跳ねてもワイングラスが倒れない衝撃の映像

 幼なじみでラグビー仲間でもあるオーストラリア出身のダニエル・ミルハム氏とミッチェル・タイラー氏が2015年に寝具Eコマースベンチャーとして共同創業した「コアラ・マットレス」。ソーシャルメディアを効果的に活用、ビデオデモで160万人以上の視聴者を集めたり、120日間のトライアルを実施するなど、2016年にはオーストラリアで最も注目されているトップ20の新興企業に選ばれ、設立から3年で、オーストラリアで最高評価を獲得するリーディングカンパニーに成長。「コアラ・マットレス」の特長のひとつである振動吸収性を試す、マットレスの上で飛び跳ねてもワインの入ったグラスが倒れないという映像も話題になった(映像内に登場する黒いシャツの男性が創業者のタイラー氏)。

 2017年には日本に進出し、2018年11~12月期の売上高は前年同期比で約2.5倍、2019年1〜4月の成長率は130%と右肩上がりで伸長している。店舗を持たずオンラインストアのみで販売するため、不定期で体験会も実施。6月には表参道にて体験イベント「コアラ・スリーブラボ」が開催された。

独自開発「クラウドセル」と高反発の2層構造で通気性や寝心地、振動吸収性を確保

「コアラ・マットレス」はウレタンフォームを素材とした2層構造マットレスで、寝心地の良さを実現するやわらかい上の層と、長時間体を支える反発力の高い下側のサポート層で構成されている。いわば高反発のサポート力と低反発の寝心地の良さを“いいとこ取り”したマットレスだ。日本市場では、日本人の体型や好みに合わせて設計、開発されている。

 上層は同社独自開発の「クラウドセル」を使用。低反発素材のメモリーフォームと高反発ウレタン素材をブレンドしたもので、硬さは「柔らかめ」に属する55ニュートン。低反発素材のふわりとした素材は体をリラックスさせ、寝つきを良くする。体が沈みやすい、ムレやすい、へたりやすいなどの低反発素材の問題に取り組み、クラウドセルはほどよく反発し、通気性、耐久性の高いウレタンフォームに仕上げた。また、クラウドセルは一つ一つの気泡が開いており、空気を通りやすくしており、熱を2層のマットレスの間から逃すことで分厚いマットレスでも通気性が確保される。

 下のサポート層は「硬め」に属する200ニュートンのしっかりとした高反発素材を使用し、15.9cmの厚みがある。理想の寝姿勢が保たれるので高い睡眠の確保ができ、起床時にも体がすっきりしていることを実感できる。

 各部位を点で支える「ゼロ・ディスターバンス技術」により振動を吸収する特性があり、寝返りや立ち上がったりする時の振動が隣で寝ている人に伝わらないので、パートナーや子どもの寝相の悪さを気にすることなく、朝までぐっすり眠ることができるのも「コアラ・マットレス」の大きな特長だ。実際にベッドにワインの入ったグラスを置いてマットレスを揺らしたり、金属のボールで振動を与えたりしてみたが、グラスからワインがこぼれることはなかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。