人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

完全ワイヤレスとヒアラブルのグローバル市場、1250万台規模へ到達

2019.06.17

カウンターポイント社の最新調査によると、完全ワイヤレス・ヒアラブルのグローバル市場は2018年第4四半期に1,250万台規模へ到達したという。

完全ワイヤレス・ヒアラブルの最大の市場は北米で、出荷台数の24%を占めており、中国を除くアジア太平洋地域と欧州が僅差で続いている。

完全ワイヤレス・ヒアラブルのグローバル市場

図1:メーカー別グルーバル市場シェア 2018年第4四半期

メーカーの中では、Appleが60%のシェアで市場のリーダー的存在だが、そのシェアは、2019年第1四半期に発売予定のAirPods新機種を待つ消費者の買い控えによって、低下傾向にある。第2グループに位置するメーカーであるJLabやQCYの好調な業績も、Appleのシェアに負の影響を及ぼしている。

AppleのAirPodsを別にすれば、ベストセラーにランク入りするのは150~200米ドルの高級機種。Jabra Elite Active 65t、Samsung Gear IconX、Bose SoundSport Freeはベストセラートップ10に入る高級機種だが、100米ドル未満の低~中位機種もランクインしてきている。

図2:グルーバル ベストセラー機種トップ10 2018年第4四半期

市場の競争環境について、カウンターポイント社のシニアアナリストLiz Lee氏は以下の通り述べている。

「2018年第4四半期は、JLab JBuds Air Tune WirelessやQCY T1の様にコストパフォーマンスの良い機種が一気にシェアを伸ばした。さらに多くの会社がこの市場に参入し、最新機能を搭載しつつも値頃である機種を投入する為、メーカー間の競争はさらに厳しくなり、消費者の選択の幅は広がるだろう」

2018年第4四半期における主要地域の状況 

北米 - Appleはこれまでと同様、本国市場で強さを見せるが、グローバルブランドであるSamsungやJabra、さらにはJLabやiQ Podzも米国やカナダで好調である。

欧州 - Appleの市場シェアは、同社の他地域でのシェアと比べると多少低い。高級機を手がける他のメーカー、例えばJabraの方が好調である。特にJabraは14%のシェアを獲得している。新しいメーカーであるArbily、HolyHigh、Vigoshopの欧州全体での好調も注目に値する。

アジア太平洋(中国を除く) - Appleの業績は妥当なところだが、それより目を引くのはBritzやGLIDiCなどのアジアの新メーカーの好調ぶりである。新興国での需要に牽引されて、アジア太平洋地域の市場は力強くなると予測される。

中国 - 他の地域と比べ、Appleのシェアは相対的に低い。格安機種T1やT1Sによって、QCYの存在感が増している。Honor、Edifier、ENKORなどの中国国内メーカーも業績が好調である。

関連情報/https://www.counterpointresearch.com/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。