人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

利用者数の多いCtoCサービス、10〜30代はメルカリ、40~60代はヤフオク!

2019.06.16

ジャストシステムは、17歳~69歳の男女1,100名を対象にした『Eコマース&アプリコマース月次定点調査』を実施した。

「CHANEL」「ROLEX」といったファッション関連のハイブランド商品を購入した経験がある人の購入方法については、「リアル店舗」が最も多く(55.2%)、次いで「パソコンのインターネット」(29.0%)、「スマートフォンのアプリ」(21.8%)、「スマートフォンのインターネット」(21.5%)、「カタログ通販」(12.8%)という結果に。今回は、その他の調査結果も合わせて紹介しよう。

Eコマース&アプリコマース月次定点調査

10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」

現在、最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調べたところ、10代、20代、30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」でした(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)。 

また、物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスに限ってみた場合でも、10代、20代、30代は「メルカリ」を挙げた人が最も多く(10代:73.6%、20代:69.6%、30代:66.7%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」だった(40代:66.1%、50代:77.8%、60代:63.8%)。※複数回答あり。 

若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加

ECの利用経験がある人のうち、月々、一定額を支払うことで、特定の商品や店舗側でセレクトした商品が届く「サブスクリプション(定期購入)型EC」(サブスクEC)を「利用したことがある」人は38.8%で、2018年3月度調査(31.3%)から、利用率は増加した。「化粧品やファッションアイテムのサブスクEC」の利用率に限って見てみると、10代は16.3%(2018年3月度調査)から21.2%(本調査)、20代は18.6%(2018年3月度調査)から20.9%(本調査)と、若年層では増加している。

「UNIQLOアプリ」を最も利用しているのは、50代

スマホアプリからECを利用する人のうち、「UNIQLOアプリ」を利用している人は26.2%でした。年代別の利用率は、10代(27.8%)、20代(24.6%)、30代(22.4%)、40代(26.2%)、50代(35.6%)、60代(21.2%)だった。全世代において2割以上、特に50代は3割強が利用していることがわかった。

関連情報/https://marketing-rc.com/report/report-ecmonth-20190418.html

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。