人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アディダスが最初から再生できるよう設計された、接着剤不使用のランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」を開発

2019.06.16

従来のシューズは通常、材料の複雑な混合およびコンポーネントの接着剤による貼り付けを必要とし、その結果リサイクルが困難だ。

そこでアディダスは、アジア・ヨーロッパ・北米の主要な素材開発・製造・リサイクルのパートナーと共に10年近くの研究開発を行い、プロセスを変更する方法を開発した。

再生可能な循環型技術を採用したランニングシューズ 「FUTURECRAFT.LOOP」

FUTURECRAFT.LOOPは、単一素材の採用および接着剤を使用しない、最初から再生できるように設計された革新的なアプローチだ。

各コンポーネントは100%再利用可能な熱可塑性ポリウレタン(TPU)で作られており、SPEEDFACTORY技術を使用し、糸に紡がれ、編まれ、成型され、そしてBOOST™フォームへクリーンに貼り付けられる。

シューズが最初の寿命を迎えてアディダスに返却されると、製品は洗浄され、ペレットに粉砕され、新しいシューズのコンポーネント用の素材として溶かされる。

ゴミはゼロ、無駄も省いたプロセスだ。生まれ変わったシューズは、アディダスのスポーツパフォーマンス基準を問題なくクリアするように設計されている。

「回収し、粉砕して新たなアディダス製品に再生できる新しいタイプのシューズを作る事が目標でした。」とアディダス テクノロジー イノベーション マネージャーであるターニャラツワ サハンガ(Tanyaradzwa Sahanga)はコメント。

更に「これは技術としても、人間の行動パターンとしても、あらゆる点で広いビジョンであると確信していました。技術的なハードルで何度も挫折しそうな時もありましたが、先ずは最初のステップを成し遂げたことで、状況は変わりました。我々のみで循環型の未来を創造する事はできません、お互いの協力が必要になるでしょう。このファーストステップが、ベータ版リリースの一環として実現でき嬉しく思います。」

2015年、アディダスはパーレイ・フォー・ジ・オーシャンズ(以下パーレイ)と協業し、海洋プラスチック廃棄物や違法な深海刺し網から回収された糸とフィラメントで作られたアッパーを持つ世界初のランニングシューズを発表している。

更に2019年末までに、浜辺、離島や沿岸地域にてプラスチック廃棄物を回収し、PARLEY OCEAN PLASTIC™素材を使用した製品を1100万足製造する予定だ。

また、2024年までに全ての製品に100%リサイクルされたポリエステルを採用することを公約している。海洋プラスチック廃棄物からリサイクルして作られるPARLEY OCEAN PLASTIC™素材を用いて製品を製造することは、アディダスのサステナビリティ戦略の重要な柱といえそうだ。 

関連情報/https://shop.adidas.jp/futurecraft/ 

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。