人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これは便利!煙やニオイを気にせず調理できるアラジン「グラファイトグリラー」にマジックプレートをセットした新モデルが登場

2019.06.16

日本エー・アイ・シーは、千石による特許技術「遠赤グラファイト」を搭載した「アラジン グラファイトグリラー」の2019年新モデルとして、量販店モデル「AEG-G13A(W)」を6月3日、百貨店モデル「CAG-G13B(G)」を6月17日に発売する。価格は量販店モデルが20,000円(税別)、百貨店モデルが32,000円(税別)。

「アラジン グラファイトグリラー」は、煙、油、ニオイを気にせず調理できる新発想の家庭用グリラー。

従来のホットプレートでは、下からの熱で焼くため、食材から出た脂は全てプレートに落ち、脂が熱せられることでイヤな煙が発生するが、「アラジン グラファイトグリラー」では熱源を上部のみに配置し、さらに、食材から出る脂がプレートの下に装備した水トレイに落ちることで、煙・油の飛び散りを防ぎ、ニオイも出にくい構造を採用している。

また、鉄の約10倍の熱伝導率を持つ、千石の特許技術「遠赤グラファイト」を採用し、高温輻射で食材に熱を与えることで、まるで炭火で焼いたような仕上がりを実現。焼き物以外にも、炙り料理・干物から、おつまみ・スイーツまで幅広い料理を楽しむことができる。

今回のリニューアルでは、量販店モデルは、軽量化と加熱性能向上を実現した、新プレート「グリルプレート」付きに加え、新色「ホワイト」で展開。

百貨店モデルは、これまで別売りとして販売していた、チーズやソース、たれなどの液体を使用した調理も楽しめる「マジックプレート」をセット。さらにヘルシーネット、トング、本体カバー、収納バックを付属する。

本体サイズはいずれもW550×D310×H314mm、重量は量販店モデルが約4.1㎏(トレイ、グリルプレート、電源コード含む)、百貨店モデルが約5.3㎏(トレイ、マジックプレート、電源コード含む)。

関連情報
https://aladdin-aic.com/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。