人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ボルネオ島コタキナバルの旅で出会った謎の地酒「ムルタコ」

2019.06.24

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

オヤジナリティー ★★★
家計貢献度    ★★★
エロテイスト   

 ボルネオ行って、ボルネオの地酒を呑んできた!

 どうです、いきなり秘境感プンプンの単語じゃないですか、“ボルネオの地酒”! それをボルネオ島のマレーシア領、いわゆる東マレーシアはコタキタバルまで行って呑んできた話だ!

 あのね、コタキタバルって、マレーシア航空を利用すれば、もちろん首都のクアラルンプール経由でも行けるけど、7月22日以降は成田から直行便が飛んでまして、なんとわずか6時間10分で着いちゃう。それどころか復路に至っては5時間40分で戻ってこれちゃうという、実は日本から一番近いマレーシアの都市、それが コタキナバルなんですよ!!

 そのコタキナバルに於ける探訪記事はこの連載とは別枠で@DIMEに書いてますんで、そっちも 読んでいただきたいですが、こっちの連載では、いつも通り酒に限定したネタをお届けいたします!

@DIMEの記事にも載せたお手製地図を流用しますんで、そもそも「ボルネオってどこ? コタキナバルってなんじゃい?」って人は、これでわかりやすくコタキナバルの場所をご理解いただきたい!

 でさ、冒頭からの文章読んで、酒好き読者ならなんか気付かない?

「マレーシアはイスラム国家だから、酒はあんまりないんじゃないの?」

 ってことですよ。

 もちろんオレもそう思っていた。

 しかぁし! コタキナバルのあるボルネオ島のサバ州という地域は、ムスリムの比率が四割程で、地元の人はけっこう酒呑んでるっつうんですよ!

 いやいやそれどころか、ドブロクのような“タパイ”っつう、米を原料にした酒を家で作って呑んだりしているらしい。

 さらにそれを熟成させた“リヒン”っていう酒があるともいう。

 さらにさらに! それに飽き足らず、“リヒン”を蒸留した“ムンタコ”っていう酒まであるっつうのよ!

 なんなんだ、この地酒王国!!

 そりゃあ呑まずにいられんでしょう。ハッキリいう、地酒を呑む為、オレはコタキナバルに来たといってもいい。

 そしてリヒンを呑むチャンスは突然訪れた。

泊まっていたコタキナバル郊外の『シャングリ・ラ ラサリア』のクッキングクラスに参加したら、郷土料理を作る料理酒としてリヒンを使っていたのだ。

正式ホテル名『シャングリ・ラ ラサリアリゾート&スパ コタキナバル』。このホテルのズバ抜けた素晴らしい話は、しつこいようですが@DIMEの別記事で!

 初めて目にするリヒンはオレンジがかった薄琥珀色。

ちょっと濁ってるところが地酒らしさ満点である。

 味見させてもらうと、香りは中国の白酒のような強い刺激もあるが、口に含むと味わい一転!! 杏露酒に似たマイルドなリキュール。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。