人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界中からクリエイターやマーケティング担当者1万7000人が集まるイベント「Adobe Summit」の魅力

2019.06.19

「Adobe Summit(アドビ サミット)」は例年ラスベガスで行われ、全世界からクリエイターやマーケティング担当者ら1万7000名以上が集う、アドビ システムズ 米国本社が主催する「デジタル体験」のためのカンファレンスだ。

幅137m×高さ7mの巨大ディスプレイが設置され、7000人もの観客が見守るメインステージには、アドビの会長、社長 兼 CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏をはじめ、各界の著名人、多くの企業のCEO、CMOなどがプレゼンテーションを行う。

また、会場では各種展示エリアがあり、参加企業が提供する最新の技術、製品などが見られる。

ここでは「アドビ サミット2019」の会場の模様を簡単に解説。2020年サミットの参考にしてもらいたい。

マイクロソフトのサティヤ・ナデラCEOがビジネス・デジタル化の将来を予測

Microsoft(マイクロソフト)のサティヤ・ナデラCEOが2019年の「アドビ サミット」に登壇した。氏はマイクロソフトのCEOを5年間務めており、その間に株価を3倍に押し上げた敏腕経営者だ。

サティヤ・ナデラ氏とアドビのシャンタヌ・ナラヤン氏は高校時代の同窓であり、アドビとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを結んでいることもあって、両者の関係は非常に緊密だ。

ナラヤン氏はプレゼンテーションの中で「今後、高速な5Gを使えるようになれば、例えばGPUをクラウドで処理するといったことも可能になるでしょう。AIがブレイクスルーするポイントはディープラーニングにありそうです」と説明した。

さらに「ビジネスがデジタル化することで、クラウド化が一層進むでしょう。それにより、顧客データなどの蓄積ができて、自社のサービスで究極的に使えることになります。『デジタル会社』であるマイクロソフトやアドビが、各企業とうまくつながり、デジタルデータによって各社の製品やサービスを最適化し、マーケティングに使えるアシストをすることが、今後とても重要になるはずです」と語った。

マイクロソフトのような世界的企業のトップが直接、ビジネスやデジタル面での将来予測を参加者に向けて語ってくれるのは、「アドビ サミット」の魅力のひとつといえるだろう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。