人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スクープ撮!世界最大級の豪華クルーズ船「コスタ ベネチア」のゴージャスすぎるサウナ

2019.06.26

美食の後についにやってくるサウナとの邂逅。その意外な真実とは!?

 客船といえは忘れてならない船室でございます。

ファミリー向けにダブルベットと二段ベットまで完備したキャビン。ベランダ付です。

 そうです。さっきから“大人のクールなカッコ良さ”がヒシヒシと感じられる『コスタ ベネチア』ですが、もちろんファミリー層も大満足の施設が満載なんですよ。

 プールは、お子様大喜びのウォータースライダー完備!

そうとうクネってますよ、このスライダー!!

 ツリーアドベンチャーを船上で体験できる『ハイロープガーデン』なんてのもある!

これ、やってみたいな~、オレはお子様でもなんでもないけど。

 屋外デッキのみならず、サンルーフで覆われた、天候に関係なく楽しめるプールもございます。

プールデッキも、やっぱりイタリアの香りがするんだよなァ~。

 そうこうしてるうちにランチタイム。今回の見学ツアー、申し訳ないことに昼食……もうイタリア語でいっちゃうけどプランゾ込み! それも船内のスペシャリティレストランでに於いてですよ。

 クルーズ船のスペシャリティレストランってなにかといいますと、クルーズ船ってクルーズ中は3食付いているワケです。それどころかコスタクルーズに関しては、クルーズ料金だけほぼ24時間、どこかでなにかが食べられるという至れり尽くせり状態なんですね。

 ただ、そんなツアー料金で利用できる飲食施設以外に、追加料金を払うことで利用できる更なるハイソサエティーレストランがいくつか船内にはあるんです。それが、いわゆるスペシャリティレストラン。

『コスタ ベネチア』には、そんなスペシャリティリストランがステーキハウスに火鍋のお店、さらに鉄板焼き等色々あるんすが、今回、プランゾをいただいたのは、ミシュラン三つ星を7年間維持する(!!)イタリアンリストランテ『8 1/2 オット・エ・メッツォ・ボンバーナ』のシェフ・ウンベルト・ボンバーナ氏が監修している『カサノバ』!

 ちなみにこのボンバーナ氏が監修する『カサノバ』は、日本を母港とする、オレも乗せていただいた『コスタ ネオロマンチカ』にもあるんですが、日本でボンバーナ氏の料理が食べられるのは、コスタのクルーズ船だけ! という貴重ォ~なリストランテ。

 ちなみに『カサノバ』でのディナーの追加料金は59ドル。他のスペシャリティレストランの追加料金は29ドルなんで、『カサノバ』が、この船の最上級飲食施設なのは、これでご理解いただけるかと…。

 すみません、ありがたくご相伴にあずかりました…。

前菜の『スモークサーモン 野菜添え』。

『テンダーロインビーフのとろ火煮込み ホイップポテトとローストベジタブル』

 申し訳ない、赤ワインいっちゃってます…。あ、前菜の時にはスプマンテもいただいてました。ちなみにスプマンテの銘柄は『フェッツラーリ』。そしてドルチェももちろん胃に収める!

『ティラミス マスカルポーネとマルサラクリーム』

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。