人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

月に5回行けば元が取れる!ちょい飲みにちょうどいいクラフトブルワリー初のサブスクサービス「CLUB BTG」

2019.06.20

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

「coffeemafia」を運営するfavyのサブスク新サービス

 2016年から月額3000円でコーヒーが何杯でも飲めるサブスクリプション(定額制)型のコーヒースタンド「coffeemafia」を運営しているfavyは、今やトレンドとなっているサブスクの先駆け的な存在。同社が飲食店向けに提供する顧客管理ツール「飲食店のためのサブスクツール」が6月より開始した。飲食店の初期費用は0円で、導入後のオペレーションも簡単。売り上げの安泰化、顧客のリピート率の向上、新規顧客獲得が期待できる。利用者は会員券を購入して店頭で会員券ページを提示するだけなので、最短1分で利用が可能だ。

「サブスク化した分、飲食代金は減るが、客側はお得に使いたいと利用頻度がおのずと高くなる。『coffeemafia』は月~金曜日の営業だが、顧客の月間来店は平均22回。1日2回来るという人もかなりいる。ランチでのついで買いや、バータイムの利用促進と、アップセル&クロスセルが出てきて、ウエブ上のサブスクに近い傾向を飲食店でも創出できるビジネスチャンスが生まれている」(favy 高梨巧 代表取締役社長)

クラフトブルワリー初のサブスクリプションサービス「CLUB BTG」

「飲食店のためのサブスクツール」を導入したのが、クラフトビール&デリスタンドの「“BEER TO GO”by SPRING VALLEY BREWERY」(以下BTG)で、「CLUB BTG」として6月17日からサービスを開始する。Ginza Sony Parkの地下4階にあり、近隣で働く20~30代のオフィスワーカーをメインターゲットとし、月額2496円(税込)で、平日限定で1日1杯(レギュラーカップ250ml)のクラフトビールを提供する。

「働き方改革を通じてできた自分の時間を過ごすために、クラフトビールは何ができるかということにチャレンジしていきたい。お付き合いの時のビールと違い、1杯だけ楽しむ、好みのものを選びたい、読書などリフレッシュの時間にクラフトビールを楽しみたい、新しいコミュニティーの場として使いたい、そういった活用方法がクラフトビールにはある。それぞれの価値観で使えるサービスとしてサブスクリプションを導入した」(スプリングバレーブルワリー 島村宏子 代表取締役社長)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。