人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本当に安くなるのか?横並びか?ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランをおさらい

2019.06.16

auは新旧5プランを用意

 auは3つの新料金プランを加え、それに伴って終了するプランもあり、選べるプランは5種類となりました。段階制の新ピタットプランはライトユーザー向け。フラットプラン7プラスはミドルからヘビーユーザー向けで、一部のSNSを利用した際はデータを消費しないのが特徴です。新ピタットプランとフラットプラン7プラスのどちらを選ぶか悩みどころですが、今7GBくらい使っている人なら、フラットプラン7プラスはSNSの通信が無料になって、ちょうどいいプランとなるかもしれません。データMAXプランはほぼ完全な使い放題プランで、上限を気にせずデータ通信を目一杯使えます。

 フラットプラン20と、Netflixがバンドルされているフラットプラン25 Netflixパックは継続されるプラン。使い放題は必要ないけれど大容量プランにしたいという人にマッチします。ただし、家族3人以上で契約すると月額1000円割引になる家族割プラスがこの2プランは適用されません。また、この2プランでテザリングする場合は月額500円の利用料がかかります。

ソフトバンクは「ウルトラギガモンスター+」がほぼ一択

 ソフトバンクはヘビーユーザー向けの定額プラン「ウルトラギガモンスター+」、ライトユーザー向けの段階制プラン「ミニモンスター」の2プランを用意しています。しかし、ミニモンスターがウルトラギガモンスター+より安くなるのは2GBまで。2GBを超えるとウルトラギガモンスター+と同じか、むしろ高くなります。また、ミニモンスターの契約は家族割引グループの人数にはカウントされますが、割引は受けられません。回線維持のためなど、必ず2GB未満で済むという特殊な場合はミニモンスターがお得ですが、普通に使うのであればウルトラギガモンスター+を選ぶことになるでしょう。

 なお、テザリングする場合は月額500円の利用料がかかります。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。