人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本当に安くなるのか?横並びか?ドコモ、au、ソフトバンクの新料金プランをおさらい

2019.06.16

「携帯電話料金は4割下げられる」という官房長官の発言を受ける形で始まった料金見直し。また、通信契約に伴う端末代の割引や、端末購入に伴う通信料金の割引を禁止する「分離プラン」が総務省によって推進され、電気通信事業法で義務化されます。

 ドコモは4月に分離型の新料金プラン「ギガホ/ギガライト」を発表。分離プランは導入済みという立場だったKDDIも、新たに「新auピタットプラン」や7GBが上限の「フラットプラン7プラス」、使い放題の「データMAXプラン」を発表しました。「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」で分離プランを導入済みのソフトバンクは、低料金のサブブランドY!mobileにも分離プランを導入することを明らかにしています。

端末購入補助がなくなるときが見直しのタイミング

 分離プランになると、ドコモの「月々サポート」、auの「毎月割」、ソフトバンクの「月月割」といった端末購入補助はなくなります。こちらは割引額が高く、ほとんどの場合、最後まで受けた方がお得になります。毎月の端末購入補助が終了し、料金がその分上昇する時期が新料金プランに変えるタイミング。割引終了時期をMy docomo、My au、My SoftBankでぜひチェックしてみてください。

 以下から、新料金プランを中心に大手3社の料金プランをまとめました。各社のウェブサイトでは、家族割引や固定回線とのセット割、1年間や半年間だけ安くなるキャンペーンといった各種割引を含んだもっとも安い料金が大きく表示されていますが、割引をすべて受けられる人はごく一部だろうという判断で、割引なしの価格を記載しています。

ドコモは2つの新プランから選択

新料金プランと下取り施策の「スマホおかえしプログラム」をアピールするドコモの吉澤社長。

 ドコモの新料金プランは、定額の「ギガホ」と、段階制の「ギガライト」の2つのみとなりました。データ通信をたくさん使う人はギガホ、あまり使わない人はギガライトという選択になります。auの新料金プランも同様ですが、従来の基本料、インターネット利用料、データ通信料、テザリングオプション料金がすべて含まれた料金となり、シンプルで分かりやすくなりました。

 ただ、シェアパックプランがなくなるので、1人1人の使い方に合わせてプランを選ぶことになり、人によっては料金が上がる可能性がありそうです。また、毎月1500円がずっと割引になる「docomo with」を契約している人は、新料金プランにしたときの割引額が1500円を超えない場合、そのまま継続した方がいいようです。

 新旧プランのどちらがお得かという計算はなかなか難しいですが、ドコモのウェブサイトにはそれが分かる「しっかり料金シミュレーション」が用意されています。dアカウント(旧docomo ID)でログインするだけで、プランを変更すべきかどうか、変更するプランはどちらか、どれくらいお得になるかなどが分かります。ぜひシミュレーションしてみることをお勧めします。

「しっかり料金シミュレーション」はドコモの料金シミュレーションページで。

プランを変更した場合の金額やお勧めプランを教えてくれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。