人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モーラナイフ・アドベンチャーで見たスウェーデンの最新キャンプ事情

2019.06.16

会場にもあったが、スウェーデンの湖には大抵このような小屋が建っている。湖側が解放されており、湖を眺められる作り。釣りの合間の休憩や雨が降ったときの避難場所として使用できる。

こうした小屋のほかにテーブルとチェア、バーベキューピットが備え付けられている場所も多く、自由に使っていいとのこと。自然と人間が向き合う環境が整っているためだろうか、イベント後にいろいろな場所でキャンプをしてみたが、街中、道路脇、森の中、湖畔にいたるまでどこにもゴミが落ちていない。

日本の森はクマザサなどが地面を覆っており道をはずれようとは思わないが、スウェーデンの森は苔に覆われていて自由に歩ける。テントで眠るときもゴツゴツ感は少ない。ただ、苔に覆われた地面はフラットに見えるが、思いのほかデコボコしており寝転んでみると肩や腰がくぼみに落ちることもある。

スウェーデンの人々に不可欠なフィーカ。コーヒーをいれ、気の置けない人たちと会話を楽しむ大切なひとときで、イベントではワークショップの途中でもフィーカの時間があったほど。

アウトドアでは焚き火でコーヒーをいれるわけだが、昨夏は雨が降らず非常に乾燥していたため、焚き火はもちろんバーベキューも禁止されていたとか。スウェーデンでキャンプをする際は、地元のアウトドアショップやキャンプをしている人にたずね、情報をしっかり手に入れておきたい。

取材・文/大森弘恵

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。