人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

元マイクロソフト幹部が585件の謝罪で勝ち取った63億円の仕事術『謝罪の極意』発売中!

2019.06.12

 ネットやSNSの普及によって、ビジネスパーソンには「謝罪力」が求められる時代になってきた。ビジネスの世界は、全てうまくいくことばかりではない。失敗はつきもので、時として謝罪の必要に迫られることもあるだろう。

 特に「謝罪」という行為は個人だけでなく企業の行く末を左右するほど、重要なビジネススキルのひとつとなっている。では、ただ単に謝ってその場を収めればいいのだろうか? 実は、それは大きな間違いで「謝罪」こそが、次につながる最大のビジネスチャンスでもあるのだ。

 事実、数々のピンチを乗り越え、謝罪を繰り返し、業績アップを実現してきた人物がいる。それが、ビジネスコンサルタントの越川慎司氏だ。自称〝アヤマリスト〟の越川さんは、これまでの585件に及ぶ謝罪訪問から導き出したビジネスメソッドを、6月12日に発売される新刊『謝罪の極意』(小学館)でたっぷりと綴っている。

 本書では、マイクロソフトという大企業で品質担当の業務執行役員を務めた経験を持つ越川氏が、過去の自身の経験を元に、より実践的かつ戦略的な謝罪術をわかりやすく解説。新入社員から幹部社員まで、本当に役立つ謝罪の極意を指南している。

「謝罪に行く時は腕時計を外しなさい」
「投げられたペンは避けてはならない」
「数字を交えて話す」
「最初の謝罪訪問に菓子折りは持参しない」
「荒天の時にこそ足を運ぶ」
「45秒の105字に魂を込める」

 知っているつもりでも忘れてしまいがちな謝罪の準備や、当日の話の進め方などを押さえれば、キャリアアップや収入アップも間違いなしだ。

『謝罪の極意』コンテンツ

・第1章:謝罪大国ニッポン
・第2章:【実録】火柱が上がる現場
・第3章:謝罪に臨むための心構え
・第4章:訪問に向けて準備すること
・第5章:当日の立ち居振る舞いと注意点
・第6章:真の信頼回復には次の訪問が重要
・第7章:困難を乗り越えてさらに成長する

 謝りに行く目的や相手が怒るメカニズム、訪問当日の注意点など、豊富な経験に基づく謝罪のノウハウが満載の、営業マン必読バイブル。全192ページ。

編集担当からのおすすめ情報

 ビジネスパーソンなら誰もがしたくない「謝罪」という行為。ところが「謝罪」こそが次のビジネスを生む「チャンス」でもあるということを、著者が自身のキャリアで培った体験からわかりやすく解説しています。新入社員や若手社員だけでなく、管理職や経営幹部まで、全世代に読んでいただきたい超実用書です。

著者・越川慎司

こしかわしんじ。2017年にクロスリバーを設立。謝罪や働き方のコンサルタントとして活動中。『新しい働き方』(講談社)と『働きアリからの脱出』(集英社)はともにベストセラーに。自転車や甘味が好き。時短にこだわり、ヒゲの脱毛もしている。

『謝罪の極意 頭を下げて売上を上げるビジネスメソッド』
越川慎司/著

定価:本体1,300円+税
2019年6月12日発売 
四六判 192p 小学館/刊

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4093108927

■楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15902631/

本書紹介ページはこちら
https://www.shogakukan.co.jp/books/09310892

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。