人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハイエンドDAP VS ハイパワーアンプ、音はどう違う?Astell&Kernのフラッグシップモデル「SP2000」と「SP1000 AMP」の実力検証

2019.06.18

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

Astell&Kernから『SP1000』の後継となるフラッグシップモデル『A&ultima SP2000』と、『SP1000』専用のアンプ『SP1000 AMP』が発表された。『SP2000』の特長は電流増幅型になった旭化成エレクトロニクスの最新DAC「AK4499EQ」をデュアルで搭載していること。『SP1000』専用アンプの『SP1000』AMPはハイゲインでバランス出力10Vrmsを実現。

DAPの音を決めるのはDACなのか、それとも出力段のアンプなのか。もちろんどちらも大切なのだが、実際に聴いてみるとどう違うのだろうか。

Stainless steelは解像度重視、Copperは優しい音色

Astell&Kernのフラッグシップシリーズは、筐体にアルミ合金以外に、Stainless steelとCopperを使った特別仕様モデルが登場。もちろん、価格も高額になっていた。しかし、『SP1000』からはStainless steelとCopperがレギュラーモデルとなり、同一価格となった。これが『SP2000』にも引き継がれている。硬度の高いステンレス鋼は不要な振動を抑えて、タイトでクリアー、解像度が高く分析的な音。柔らかい素材の銅は重さが増して、響きが豊かになり音色はウォームになる傾向があった。

『SP2000』の両方のバージョンを試聴してみると、素材による音の傾向は、『SP1000』よりも少ない印象を受けた。どちらも低域から高域まで解像度が高く、音の輪郭がクッキリしていて、細かい音まで再現される。比較すれば銅の方が響きが豊かで、女性ボーカルが柔らかい。Stainless steelはハイスピードでキレ味鋭い音だ。『SP1000』ではどちらの素材にするか、かなり悩むところだったが、『SP2000』では最後の味付け程度の違いなので、好みのデザインで選らんでもいいと思う。

Astell&Kernのフラッグシップは第4世代の『SP1000』から、ガラリと変わった。今回の『SP2000』は正常進化でデザインも音の傾向も『SP1000』の発展系だ。

クールなイメージのStainless steel。古くからのAstell&Kernファンにはお馴染みの色だ。

Copperは限定仕様のように見えて所有欲をそそる。Stainless steelと価格は同じなのでハイコスパ感もある。

『SP2000』では背面も金属の面積が増えネジ穴がなくなってソリッド感が増している。

マルチファンクションホイールは山型にデザインを変更。

microSDスロットはカバー付きから、スロット型に変更され操作性が向上した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。