人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

婚活パーティーに参加した人はどれくらい「キープ」しているのか?

2019.06.10

恋愛における駆け引きの一つに「キープ」がある。恋人になりそうな誰かと誰かを天秤にかけるこの行為に、いいイメージを抱いている人はあまり多くないだろう。では、恋愛ではなく、婚活において「キープ」はどれくらい行われているのだろうか?

オミカレを通じて婚活パーティー参加するユーザーの83.9%がキープ無し

2019年5月24~26日に、日本最大級の婚活パーティー情報サイト「オミカレ」にてパーティー参加予約をしたユーザーに対してWebアンケートが実施されたところ、816人から回答を得てそのうち685人(全体の83.9%)がキープ0人と回答していた。

婚活を通じての結婚は、婚活中にもっと良いと思える相手がいるのでは?と、相手をキープする(される)ことは避けられない。元々が恋愛関係で結婚するのと、婚活を通じて結婚するのでは、この点が大きな違いと言える。

しかし、明治安田総合研究所から2017年発表された「25~34 歳の結婚についての意識と実態 - 男女交際・結婚に関する意識調査より -」によると、以下の結果が報告されている。

本命ではない異性と交友関係を維持(キープ)したことがある25~34歳の既婚者に対して、誰と結婚したかを尋ねる調査が行われたところ、キープしていた人との結婚(「キープだと思っていた人のことが好きになり結婚した」+「キープしていた人と妥協して結婚した」)は男女ともに約2割(男性の 20 代後半 22.4%・30 代前半 24.5%、女性の 20 代後半 22.0%・30 代前半 21.4%)だった。

男女ともに「当初から本命だった人と結婚した」割合が最も高く、男性は約5割、女性は約4割と男性のほうが高くなっている。

「本命やキープ以外の人と結婚した」割合は、30代前半女性では同世代の男性に比べて高くなっており(男性 21.9%・女性 39.1%)、「当初から本命だった人と結婚した」39.6%と同水準となっている。

25~34 歳の結婚についての意識と実態 - 男女交際・結婚に関する意識調査より- (明治安田総合研究所 2017/08/28)
https://www.myilw.co.jp/research/report/pdf/myilw_report_2017_02.pdf

このように、キープしていても実際の結婚にはつながりづらいというデータも出ており、本命のパートナー探しという婚活パーティーならではの特性からも、実際に婚活パーティーに参加される方々が、キープを持たず高い真剣度で参加されていることが明るみになった。

<調査概要>
調査時期:2019年5月24日~5月26日
調査対象者:オミカレにて婚活パーティー予約をしたユーザー
回答人数:816人

出典元:株式会社オミカレ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。