人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.06.09

RTD史上最高のガス圧による炭酸が爽快!ドライレモンフレーバーの「ウィルキンソン・ドライセブン」発売

アサヒビールの調査によると、高アルコールRTD飲用者はアルコール度数9%の商品に対して「“お酒感”が強くて飲みきれない」、レギュラーアルコールRTD飲用者はアルコール度数5%の商品に対して「“お酒感”が物足りない、果実の味わいによる甘みが強い」という不満を抱いていることが分かった。

このような、程よい“お酒感”を求めるニーズの高まりにより、RTD市場の中でアルコール度数7%の需要が拡大している。

そんな中、アサヒビールから登場したのが「ウィルキンソン タンサン」を使用し、RTD史上“過去最高のガス圧”による炭酸の爽快さが特長のRTD『ウィルキンソン・ドライセブン』。

ウォッカをベースに、果物由来のフルーツエキスとフルーツスピリッツを使用した独自の「クオリティシャープ製法」を採用し、果実本来の味わいがありながらも、“すっきりとした甘くない”レモンフレーバーを実現している。

ドライ”レモンフレーバーのRTD「ウィルキンソン・ドライセブン」

パッケージデザインは、缶体上部に“強炭酸”を記載するとともに、缶体正面にレモンのイラストを「ウィルキンソン」のロゴとともに描いた。『ウィルキンソン タンサン』を使用した炭酸強めのレモンフレーバーのRTDであることを表現している。また、「DRY7」の文字を大きく記載し、アルコール度数7%の甘くない味わいという商品特長を訴求。

アルコール度数7%で、“ドライ”レモンフレーバーの「ウィルキンソン・ドライセブン」シリーズを発売することで、多様化するRTD飲用者のニーズに応える。

容量は缶350ml・缶500mlの2種類で、価格は缶350ml/141円(消費税抜)、缶500ml/191円(消費税抜)となる。

関連情報/https://www.asahibeer.co.jp/products/sour/wilkinson_rtd/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。