人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来春からスタート!顔認証サービス「One ID」が導入されると搭乗手続きはどう変わる?

2019.06.12

飛行機に搭乗するまでの手続きに、「煩わしさ」を感じるシーンは多い。その一つが、異なる箇所で何度も搭乗券やパスポートを提示しなければいけないという点だ。

そうした煩わしさの解消に向け、オリンピックイヤーとなる2020年の春から、成田空港株式会社と日本電気株式会社(以下NEC)が、顔認証を搭乗手続きに活用するサービス「One ID」を開始する。

本記事では、2019年5月31日に開催された記者発表会・デモンストレーションの様子を交えながら、顔認証「One ID」で搭乗手続きがどのように変わるのか紹介する。

成田国際空港の抱える課題とOne ID導入までの経緯

成田国際空港常務取締役 濱田達也氏は、「航空需要は新興経済国を中心に拡大が見込まれ、訪日需要も高まっている。空港内の混雑回避が課題」と語り、One ID導入までの経緯を説明した。

旅客数が増加すれば、当然ながら空港は混雑する。現在の成田国際空港では、アジア圏からの就航の関係で15-19時の時間帯に混雑のピークを迎えるという。また、1日に空港を何往復もするLCCの参入により、空港もさらなる効率化が求められているようだ。

空港内が混雑すると「利用者の満足度低下」「定時運航率の低下」など、さまざまな課題が生じる。成田空港は、One IDを導入することで「人が立ち止まる箇所」を減らし、全体的な混雑緩和を目指す。高速道路のETCをイメージするとわかりやすいだろう。

One IDの導入により、旅客の滞在時間を有効活用してもらうのも狙いの一つだ。利用者も、列に並ぶ時間が減少することで、空港内でのショッピングや食事をより楽しめるようになる。

来春の段階ではまず、空港内の旅客数シェアの大きいANA・JALの搭乗手続きに導入予定だ。航空会社としても「定時運航率の向上」「人件費削減」など、メリットも多いだろう。

顔認証「One ID」が導入されると搭乗手続きはこう変わる

では実際に、One IDが導入されると搭乗手続きはどのように変わるのだろうか。ご存知の方も多いと思うが、まずは現在の搭乗手続きの流れを確認してみよう。

【現在の搭乗までの手順】

1.搭乗手続き チェックイン (★)
2.荷物を預ける ★
3.保安検査所を通過する ★
4.搭乗ゲートを通過する ★

eチケットやオンラインチェックインサービスを使えば「1.搭乗手続き チェックイン」の部分は省略することができるものの、その後の手続きでは本人確認や搭乗券の提示が必須だ。(★印)

その都度、「控え」やeチケットのスマホ画面を提示する必要があるため、荷物が多い時・両手がふさがっている時には、ストレスを感じる方もいるだろう。これが、顔認証「One ID」が導入されると以下のように変わる。

【「One ID」導入後の搭乗までの手順】

1.搭乗手続き チェックイン ★

パスポートと2次元バーコードでチェックイン。この時One IDを利用する場合は、顔写真が撮影される。

2.荷物を預ける ☆

荷物を預ける際にも、端末のカメラにより顔認証が行われる。

3.保安検査所を通過する ☆

4.搭乗ゲートを通過する ☆

「普通に歩く速度」でしっかりと顔認証が行われ、ゲートが開く

このように、搭乗手続き・チェックインの際にパスポート情報と自身の顔を登録しておけば、以後の手続き(☆)はすべて「顔パス」「ドキュメントフリー」で飛行機に搭乗できる。もちろん、顔の登録を行わずに従来通りの手順を選択することも可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。