人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人生100年時代における理想の生き方とは?7割が「生涯現役社会」より「引退しても老後が安心な社会」が理想

2019.06.08

働く人の70%が「生涯現役社会」より「引退しても老後が安心な社会」を理想像と回答

続いて、「生涯現役で活躍できる社会」と「引退しても老後が安心な社会」のどちらが理想に近いか尋ねる調査が行われたところ、「引退しても老後が安心な社会」(69.5%)が高くなった。

「定年まで同じ会社で働ける社会」と「転職が活発にできる社会」では、「定年まで同じ会社で働ける社会」(59.7%)がやや高くなっている

「収入は多いが、生活より仕事中心の社会」と「収入はほどほどでも、仕事と生活が両立できる社会」では、「収入はほどほどでも、仕事と生活が両立できる社会」(80.4%)が高くなった。

働く人の大半が、引退しても老後の生活が安心な社会や、ワークライフバランスを保ちながら働ける社会を望んでいるようだ。

「将来の日本は今より良くなっていると思う」29%

全回答者(1,000名)を対象に、将来の日本は今より良くなっていると思うか尋ねる調査が行われたところ、『良くなっている(計)』(「非常に良くなっている」「ある程度良くなっている」の合計)は28.7%、『良くなっていない(計)』(「あまり良くなっていない」「全く良くなっていない」の合計)は71.3%となった。日本の将来に対して悲観的な考えを持っている人が多数派に。

将来、日本が安定的に成長や発展をしていくために重要であると思うものを尋ねる調査が行われたところ、1位は「安定した雇用」(63.8%)、2位は「労働環境の改善」(46.6%)、3位は「医療や介護制度の充実」(43.4%)、4位は「子育てや教育に対する支援」(39.5%)、5位は「失敗してもやり直しがきく環境」(36.7%)となった。働く人の多くが、安定雇用や労働環境の改善を日本の重要課題だと位置付けているようだ。

※連合調べ

<調査概要>
◆調査タイトル :「36協定」「日本の社会」に関する調査2019
◆調査対象 :ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする
全国の15歳以上の働く男女(自営業・フリーランスを除く)
◆調査期間 :2019年4月11日~4月15日
◆調査方法 :インターネット調査
◆調査地域 :全国
◆有効回答数 :1,000サンプル

出典元:連合(日本労働組合総連合会)

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。