人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

漫画家も太鼓判!新型「iPad」の便利すぎる手描き機能

2019.06.23

『iPad mini』『iPad Air』

イベントと同時期に発表され、大幅な性能アップで注目を集めたのは、アップデートが3年半ぶりとなる『iPad mini』と、10.5インチ版の『iPad Pro』をリニューアルした『iPad Air』だ。ここでは、漫画家・岡崎能士さんが両機をチェック。サイズだけではない違いが見えてきた。

岡崎能士さん

漫画家 岡崎能士さん

テレビや劇場版のアニメになった『アフロサムライ』の原作を手がけたほか、『ニンジャバットマン』のキャラクターデザインにも携わるなど、マルチに活動。映画『サマーウォーズ』のアバターデザインも担当した。漫画家、イラストレーターとして世界的に活躍する。アメコミや『スター・ウォーズ』の大ファンで、作品に対する造詣は深い。

『iPad Air』はとにかく軽くて手描きの感覚も上々!

 今使っている『iPad Pro』と『Apple Pencil』を仕事に導入したのは、映画『ニンジャバットマン』でキャラクターデザインを手がけていた2年ほど前です。3Dモデルのレタッチをするために、使い始めました。実際に触ってみたら手描きのフィーリングがすごく良くて。

 例えば、メールで送られてきた画像を印刷してトレースし、その上に修正指示を入れるような作業を、今ではすっかり〝Pro〟ですませるようになりました。サイズは12.9インチで、机に〝固定〟し、自宅でしか使っていません。持ち歩くにはサイズが大きく、しかもちょっと重たい……。本当は打ち合わせに持参し、指示された修正をその場で反映させられると、仕事が早くて楽なんですけど(笑)。まさにそう思っていた矢先にApple Pencil対応の〝Air〟と〝mini〟が発表され、すぐに試したいと思っていました。

 10.5インチの〝Air〟は、今使っている〝Pro〟に比べてかなり軽く感じますね。Apple Pencilの描き心地もすごくいい! 以前に9.7インチ版の〝Pro〟を購入してみて感じた、描画する際にApple Pencilの先端が〝沈む〟イマイチな感触は全くありません。そういったフィーリングって、些細なことなのかもしれませんが、絵を描く時には、結構大きなストレスになってしまうんです。〝Air〟はサイズもちょうど良くて、打ち合わせの時に持っていき、その場で絵を描いて見せるのにも向いてそう

岡崎さん

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。