人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この発想は斬新!ページをめくる時も絶対に外れない究極のクリップ「Ripple CLIP」

2019.08.02

今、私たちがよく使っているゼムクリップは1890年頃に発明された。

今でもその形を変えず使われ続ける素晴らしい発明といえるだろう。使いやすさと製造コストが究極的に完成されている。しいて不便を感じることがあるとすればページをめくるときに外れてしまうこと。

その不便を解消する「外れないクリップ」がDISCOVERに登場した。

それが、外れない究極のクリップ「Ripple CLIP(リップルクリップ)」だ。

構造力学に基づいた画期的な3重構造を採用した『Ripple CLIP』

Ripple CLIPの構造力学的な特徴は3重のクリップの2重目と3重目の上下が1点の交差で逆転しているところにあり、それにより90度の紙の角に対するグリップ力を作用させつつ三つ鱗に収まることができる。

紙テープでRipple CLIPの形で両端を接着させた輪をはさみで長手方向に切ると2つのつながった輪になる。メビウスの帯は180度ねじったものであり同じことをすると大きな輪になるが、Ripple CLIPをテープで形どると始点と終点が360度ねじれる。

Ripple CLIPのサイズは書類を従来のクリップの最もポピュラーなサイズで留めてページを捲る際の捲り代を想定した(左図)。その直角三角形の頂点を底辺の中心に合わせて折り曲げて出来る小さな直角三角形と台形を留めるという目的からRipple ClIPの大きさが決定した。

価格は1,080円(税込)で動画ショッピングサイトDISCOVERにて発売中。

関連情報/https://dis-cover.jp/project/view/731
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。