人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アプリで複数の機能を制御!ありそうでなかったモジュール拡張型のIoTデバイス「stak」

2019.06.08

さまざまなスマート製品を取り揃えるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、欲しい機能のモジュールを選んで機能を拡充できるIoTデバイス「stak」の販売を開始した。「stak本体・照明モジュールセット」「stak本体・照明モジュール・リモコンモジュールセット」の2種類を用意する。

「stak」は、モジュールを積み重ねることで、アプリと連携してスマートホームを実現できる新世代のIoTデバイス。広島県発のスタートアップ企業stakがメイドインジャパンで製品を企画・製造している。現在購入できるモジュールはリモコンモジュールと照明モジュールの2種類となる。

stak本体にはWi-Fiやスピーカーを内蔵。従来のスマートホーム機器は、各種センサーなどをバラバラに設置する必要があったが、stakは7N(ニュートン)の強力な磁石でくっつく機構を採用。E26型の電球ソケットに取り付けたstak本体に各モジュールを簡単に連結させることができる。

また、リモコンモジュールには赤外線センサーを内蔵。赤外線リモコン対応のテレビやエアコンを、スマートフォンや音声で操作できる。テレビやエアコンの赤外線パターンはプリセットされているので、一覧から機種名を選択するだけで操作可能となる。なお、音声コントロールは、GoogleアシスタントとAmazon Alexaに今夏のソフトアップデートで対応する予定とのことだ。

遠隔操作機能では外出先からでもエアコンのON/OFFが可能なほか、タイマー設定機能で、家電にタイマー機能がなくても時間にあわせた家電操作が可能。また、消し忘れ防止機能ではスマートフォンの位置情報と連動し、設定した自宅からの距離を超えるとテレビやエアコンの電源を自動的にOFFにしてくれる。

一方、照明モジュールは最大60W相当のLEDを採用。リモコンモジュールと同様に音声でコントロールできるほか、遠隔操作機能やタイマー設定機能、消し忘れ防止機能を利用可能。また、明るさも調整できる。

今後、スピーカーモジュールやフレグランスモジュール、カメラモジュール、センサーモジュール、虫よけモジュールを開発予定とのことだ。

+Style販売価格は「stak本体・照明モジュールセット」が10,000円(税込)、「stak本体・照明モジュール・リモコンモジュールセット」が12,700円(税込)。なお、stak本体は、1年間の利用権付き商品となり、2年目以降にアプリ連携などの機能を利用する場合は、stakと月額課金契約(税別480円)が必要だ。

製品情報
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=373

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。