人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

全国500以上の町工場や職人をつないでものづくりの魅力を発信する拠点「コトモノミチ at TOKYO」が東京・押上にオープン

2019.06.12

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

多種多様の製造業が集積する墨田区に誕生したものづくり拠点

 地場産業の中小零細企業と協働して商品開発、販売を支援してきたセメントプロデュースデザインが、技術や課題(コト)を考察、デザインやマーケティング(モノ)で商品を開発、販売とPR(ミチ)まで支援する拠点「コトモノミチ at TOKYO」を墨田区押上にオープンした。

 墨田区をはじめとする全国の町工場や職人とつなげて、協働での商品開発、販売までの商流をつくる拠点として機能しながら、ユニークでストーリーを持った個性的なアイテムが揃うショップとしても展開。事業から生まれた商品の販売、ものづくりコミュニティを活性化させるためにワークショップや職人BARも開催する。

「新しいアイデアや発想を持った外部の人材を呼び込み、区内事業者と連携しながらものづくりをする墨田区の『新ものづくり創出拠点事業』をきっかけにこちらに出店した。墨田区は製造業者が多い街で、工芸から工業まで幅広く職人がいるのが他にはない特色。例えば福井県鯖江市は人口6万9000人のうち、メガネ産業に携わっているのは6500人と約10%に上るが、墨田区は印刷、繊維、金属、革など多種多様の業種が集積している。

 今までやって来たものづくりプロジェクトはどちらかというと我々がリードしてきたが、今後は彼らが自走できる形で、作るだけでなく考えるまでシェアして一緒にものづくりをしていく場所にしたいと考えている。

 セレクトショップでもライフスタイルを提案する場所ではなく、店という単位でしか説明できないので店と呼んでいるが、職人たちと交わる場所にしてきたい。我々は全国の500以上の町工場と繋がっているので、墨田区でできないもの、墨田区以上の技術を持っている人が他の地域にいれば、墨田区と協業して新しいものづくりができるのではないかと思う。設備投資をしなくても新しくものづくりができる環境をこの場所で作っていきたい」(セメントプロデュースデザイン 代表取締役 金谷勉さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。