人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブームの予感!機械式時計にスマートウォッチの機能を搭載した次世代ハイブリッドモデル

2019.06.28

フレデリック・コンスタント 『クラシック ハイブリッド マニュファクチュール FC-750MC4H6』

高級時計が定番&勝負時計の牙城を築く一方で、驚異的なスピードで進化するスマートウオッチからも目が離せない。大手から斬新な発想を持つ新興メーカーまで、様々なブランドがひしめく。

次世代ハイブリッド

アナログ×デジタルのハイブリッドモデル。従来にはないデザインや新機能を備えたモデルが続々登場。

 様々なメーカーからスマートウオッチが登場している。アップルの『Apple Watch』やサムスンの『Galaxy Watch』など、大手メーカーはタッチスクリーンを搭載したフルディスプレイモデルに注力するなど、激しい開発競争を繰り広げている。

 その一方で、アナログ時計にスマートウオッチ機能を搭載した「ハイブリッドモデル(コネクテッドウオッチ)」が脚光を浴びている。

 従来のハイブリッドモデルは、専用のインジケーターや長短針を用いるなど、アナログの機能を活用して情報を通知するものが多かったが、次世代モデルは性能を大幅にアップ。ヴェルト ラクスチュアは光による新たな情報通知方法を提示。フレデリック・コンスタントが機械式時計でありながらIoT機能を備えた、本格志向のハイブリッドウオッチを開発する中、シチズンは独自の光発電技術を応用。ロングバッテリー化を図るとともに新興メーカーのヴェルトと協業し、IoTプラットフォームに対応することで機能のカスタマイズを可能にする。

 より便利に進化したモデルの登場で、次世代ハイブリッドはさらに身近な存在になりそうだ。

〝次世代ハイブリッド〟がもたらす3つのメリット

[1]時計としての新しい価値の創造

ハイブリッドウオッチとは、スマホと連携できるアナログ時計のこと。最新モデルでは本格的な機械式ムーブメントに電子部品を組み込んだり、タッチスクリーンとアナログ針を融合するなど、さらに個性的な進化を見せる。

[2]違和感なく着用できる

以前は、デザイン性を保つために、多くの機能を搭載できなかった。しかし、部品の高性能化・小型化・薄型化が進み、デザインの自由度が高まった。顔立ちをアナログ風に保ちつつも、ケースを小型化するなど、違和感なく装着できるようになった。

[3]普段の生活がさらに快適に

〝通常の腕時計にはない機能を備える〟というのがスマートウオッチの基本。ハイブリッド式でも、IoTプラットフォーム「Riiiver」に対応した次世代モデルが登場。「タクシーを呼ぶ」「音楽を再生する」といった便利な機能を利用できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。