人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

掃除をしていないコーヒーメーカーで飲むコーヒーは塩味が強くなる理由

2019.06.08

メリタジャパンはAISSY監修のもと、コーヒーメーカーの使用による劣化が及ぼす「味覚の変化」を調査した。

この調査では、反復使用したコーヒーメーカーの方が、コーヒーの美味しさを形成する「酸味」「苦味」では有意に低くなり、他の味わいを阻害する要因となる「塩味」は高くなった。

コーヒーメーカーを清掃していないと、コーヒーの味に差異が発生?

検証方法

1年間程度の使用を想定し、70回コーヒー抽出したコーヒーメーカー(メリタジャパン社製「ルック セレクション」10杯用ガラスポットタイプ)と、未使用の同コーヒーメーカーを用意し、それぞれで淹れたコーヒーの味覚分析を実施。それぞれのコーヒーについて3回ずつ分析を実施した。

分析に使用したコーヒーは、豆の種類、豆の挽き目、水の種類及びコーヒーと水の分量は同じものを使用している。

1週間に1回、1年間の使用したことを想定したコーヒーメーカーと未使用のコーヒーメーカーで味覚比較を行った。その結果、使用を重ねたコーヒーメーカーで淹れたコーヒーでは、「酸味」「苦味」の数値が0.2以上低く、一方、「塩味」は0.16高くなり、コーヒーの味に差異が発生しているがわかった。これらの原因として、コーヒーメーカー内部の汚れ(主にカルキ)が考えられる。

また、使用を重ねているコーヒーメーカーで抽出したコーヒーは、未使用のコーヒーメーカーで淹れたコーヒーに比べ、他の味覚要因に干渉を起こす「塩味」が0.16ポイントも高く、コーヒー本来の味わいを損なう可能性があることが明らかになった。

今回の結果の原因は、コーヒーメーカー内部の汚れ、特にカルキの蓄積によるものだと考えられる。カルキの付着によって、内部を通過するお湯の流れや温度などに変化が生じ、その結果、最終的なコーヒーの抽出温度や抽出時間が変わってしまったと推測できる。

今回の調査結果から、日々コーヒータイムに使用しているコーヒーメーカーで美味しいコーヒーを淹れるためには、コーヒーメーカー内部のカルキ洗浄が極めて重要であることがわかった。

関連情報/http://www.melitta.co.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。